きのう何食べた(よしなが ふみ著)のたこ飯を作ってみた

きのう何食べたは、モーニングで2007年から連載開始、現在に至る超ロングランの漫画だ。

主人公はシロさんとケンジ。

シロさんは弁護士でケンジは美容師。

同棲中の同性カップル。

・・・が、ボーイズラブ的なエロチックな描写はなく、二人の生活者としての日常が淡々と描かれている。

たとえば、スーパーのチラシを見て、特売の低脂肪乳を買いに行くとか・・・。

そして毎回、シロさんが作る料理が、何ページにもわたって紹介される。(時々、同僚や友人や母親の料理も)

男の料理というと、小洒落た食材で作る気取った料理を思い浮かべるかもしれないが、さにあらず。

シロさんの料理は、生活者の料理だ。

主菜、副菜、汁物を、バランス良く組み立て、同時進行で調理する、お母さんの料理みたいな感じ。

読んでいて楽しいだけでなく、私たちもすぐに真似ができる。

きのう何食べた
©よしながふみ

佳代子さんのたこ飯

・・・と言いつつシロさんではなく、佳代子さんのレシピの紹介。

佳代子さんは同じ町内に住む、シロさんより10歳くらい年上の主婦。

ある日、近所のスーパーの前でばったり出会った。

二人とも、スイカを買いたかったが、丸々1個は必要なかったため、初対面であるにもかかわらず、半分こすることにした。

それから佳代子さんと夫の富永さん、その娘・ミチルも交え、家族ぐるみの付き合いが始まる。

富永さんとミチルのズケズケとした物言いと、その失礼さに青くなる佳代子さんの対比が面白い。

富永一家は、ケンジの存在を知っていたが、実際に会うのはシロさんと知り合ってから12年後となる。

やっとケンジに会える!・・・と喜んだ佳代子さんが作ったおもてなし料理のひとつが、たこ飯。

きのう何食べた
©よしながふみ

佳代子さんのたこ飯のレシピ

材料は米とゆでだごとショウガ。

米2合につき、タコは150gくらい。タコは薄切り、ショウガは千切りにする。

たこ飯

タコ、米、醤油大さじ2、酒大さじ2、お出汁を炊飯器に入れ、普通に炊く。

たこ飯

炊き上がったら、千切りしたショウガを混ぜる。

たこ飯

たったこれだけ。

ショウガがきいていて、大変美味しい。

忙しい主婦の味方のたこ飯レシピだ。

たこ飯

佳代子さんのたこ飯は、単行本16巻に収録されているよ。

たこ飯
©よしながふみ

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。