金沢の紫陽花寺・本興寺 梅雨の蒸し暑さを忘れさせる涼やかな空間

6月29日付けの北國新聞に、金沢のアジサイ寺の記事が載っていた。

先日、倶利伽羅不動寺の紫陽花を見てきたばかりだが、金沢とその周辺には、私が知らないだけで、紫陽花の名所がいっぱいあるようだ。

午前中、散策どころではない激しい雨が降っていたが、昼過ぎに上がった。

空気が洗われたように澄んでいる。

私は紫陽花は、日本晴れよりも、少しウェットな曇り空のほうが、似合うと思う。

今しかない!そう思って、車を走らせた。

本興寺のアクセス

本興寺の住所: 石川県金沢市薬師町ロ75

北陸自動車道・森本ICからだと、車で5分。

ナビが私を連れ込んだのは、細い農道みたいな道だった。

…ん?なにかデジャブな感じ。

倶利伽羅不動寺の別格本山に行った時と、すごく似ている。

でも倶利伽羅とは15キロ以上離れているから、同じ場所というわけではない。

本興寺

田んぼの広がる農村地帯に、なにやらカラフルな一画が。

多分、あそこだな。

だが、あそこに到達するには、未舗装の穴ぼこだらけの道か、軽トラ一台がやっと通れる細い道を、突き進まなければならない。

美しい場所に行くには、それなりの苦労が付き物なのだ。

駐車場は10台くらい

駐車場…といっても、ラインも何もないが、10台くらいは止められる。

平日の昼間だったが、新聞に載ったせいか、1台分しか空きがなかった。

カメラを携えた老若男女が、今を盛りの紫陽花を撮影していた。

本興寺は日蓮宗

本興寺

本興寺は、元々は真言宗の寺だったが、1294年、日像聖人が立ち寄った際に、住職を説き伏せ、日蓮宗に改宗させたとのこと。

以後、700年、日蓮宗の法灯を継承している。

本興寺

お寺自体は、こじんまりしている。

本興寺

手水鉢を紫陽花で埋めるのは、昨今の流行なのかな。

お寺なので、墓がいっぱいある。

その墓を囲むように、守るように、たくさんの紫陽花が咲いている。

お墓に眠る方たちに失礼のないよう、静かに鑑賞しよう。

紫陽花としずくを撮りたい

私が尊敬するセミプロカメラマンが、紫陽花の花びらからこぼれ落ちそうな水滴を撮った写真が、とても美しかった。

色のないしずくを撮るのは、なかなかむずかしそうだけれど、チャレンジあるのみ。

久しぶりに、α5100を充電して、いざ紫陽花寺へ。

現地に着いて、気がついた。

充電は100%だが、SDカードが入ってない!やっちまったぜ~~~~。

仕方がない、気を取り直して、iphoneで。

本興寺

しっかり色が入る前の、若い感じがすき。

本興寺

しずくが花の傷のように写る。難しいなぁ…。

本興寺

手前の花びらに雨水が乗っているけれど、うまく写らない。(T_T)

本興寺

ニュアンスのあるピンクちゃん。もうしずくにこだわらなくてもいいや。

本興寺

妖艶なマゼンダ。

本興寺

可憐にもほどがある!

本興寺

ガクアジサイ。真ん中のツブツブの色が、超ラブリー!

本興寺

空との対比が美しい。

本興寺

見頃は、7月上旬までだって。

本興寺

最後に、お地蔵様にご挨拶して。

本興寺

ありがとうございました。

…で、この後すぐ、またバケツをひっくり返したような土砂降りとなる。(^^ゞ

ほんの1~2時間、梅雨の晴れ間のひとときだった。

倶利伽羅不動寺の紫陽花もきれいでした

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。