1ヶ月でいくつ手放せるかー令和2年6月

自粛が解除され、新しい生活様式を取り入れつつも、徐々に外での活動が増えた6月。

やはりずっと家にいた5月に比べると、断捨離のペースが落ちます。

お片づけの第一条件は、現場にいることですから。

この人も、そう言ってましたね。(^^ゞ

現場で起きている
(あ…、また観たくなってきちゃった)

では6月の成果をレポートします。

まずは食品から。

断捨離

賞味期限を過ぎちゃったプロテインと、娘が置き去りにしたプロテイン。

自粛中、彼女は、筋トレしては、プロテインを飲んでいました。

1個4キロの鉄アレイも買わされたし…。

まず6個。

断捨離

なんだよ、これ。

ただのゴミじゃん…と思いつつ、今月は数を稼げないので、これも含めます。

牛乳パックとプラの容器で9個。

断捨離

洗面所から細々した物。

プラス17個。

断捨離

衣類関係とハンガーで11個。

断捨離

不本意ながら、沖縄ガラスの花瓶1個。

これは私が小学生の頃、当時住んでいた宮崎で沖縄展があり、母が買い求めた物。

沖縄が返還された5年後くらいだったかしら。

窓辺で陽光を受けて輝くガラスが、とてもきれいだ…と幼心に思いました。

私の人生の初期から一緒にあった花瓶ですが、ついにヒビ入って、水が漏れるようになりました。

断捨離

ドライフラワーやアートフラワーになら使えますが、私は生花が好きなので、ここでお別れすることにします。

長きにわたり、ありがとう。

そして、草むしり。

10分を1個と数えるので、今月は12個。

先月の97個(970分)に比べると、激減しています。

その差が如実に庭のボ-ボー具合に現れております。

雨の合間に、草むしりを頑張らなきゃ。

…ということで、2020年6月は、合計56個となりました。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。