岐阜県養老町・船戸クリニックのフナクリ食堂でおくすりなごはん

身体は食べた物でできている。

耳タコになるくらい、よく聞くセリフ。

確かにその通り。

身体を構成する細胞の原料は、私たちが日々口にする食べ物だ。

砂糖ばっかり食べてると、砂糖漬けの細胞。

アルコールばっかり飲んでると、アルコール漬けの細胞。

・・・という単純な話ではないけれど、どういう物を食べるかは、とても大切なこと。

船戸クリニックのフナクリ食堂では、”おくすりなごはん”を提供している。

完全オーダーメイドのパーソナル薬膳ディナーから、手軽に楽しめるビーガンランチまで、活きる力がよみがえるご飯を味わえる。

リトリートの間、ランチ2食と夕ご飯3食をいただいた。

そのうち1回は、メンバー1人の漢方診察に基づいたパーソナル薬膳ディナー。

一挙、ご紹介!

フナクリ食堂ビーガンランチ(4月4日)

フナクリ食堂(惜しい、ピントが甘い!)

ラタトゥイユとスクランブルエッグ、焼きかぼちゃとソテーしたマイタケのサンドイッチ、ニンジンの葉っぱ付き、乳酸キャベツ。

この上なく優しい味わいのラタトゥイユに、野菜だけなのにしっかりボリュームがあるサンドイッチだった。

乳酸キャベツは、仕込んでから1ヶ月半、冷蔵庫で寝かせてある。

フナクリ食堂

ミカン(夏みかん?)のパフェ。

豆乳ヨーグルトとドライミカンは、もちろん自家製。

フナクリ食堂ビーガンランチ(4月5日)

フナクリ食堂

ランチとカレーを選べるので、お豆のカレーにしてみた。

お豆、何種類入っているのかなぁ・・・。すごく満足感がある。

辛いのが苦手な私も大丈夫だったけれど、しっかり辛い。

みんなのおくすりなごはん(4月2日)

フナクリ食堂

トマトとチーズ、サトイモの味噌付け焼き、つくしの卵とじの前菜。

チーズはブラータチーズ。

つくしなんて食べたのは、子どもの時以来かも。

ピンクの桜は、硬めに茹でたマカロニ。可愛い。

それにしても、写真が下手。

フナクリ食堂

ここでミルクティ?

・・・じゃないよ、これは納豆とネギの白味噌汁。

3人分で小パック1個分の納豆を使っている。

挽き割りではなく、わざわざ豆のままの納豆を細かく刻んだとのこと。

全然、糸をひかない。とても温まる。

フナクリ食堂

鰤の煮付け。

優しい甘辛さで、身もしっとりしていて、大変美味しい。

フナクリ食堂

味付けご飯。

もうなんというか、お母ちゃんの味。

普段はお茶碗半分しか食べないご飯も、ペロリと完食。

フナクリ食堂

さつまいもゼリーとさくらのゼリー。

全ての味付けが優しい。

シェフは水谷秀子さん。

シェフからのメッセージは、1日ひとつ、なにか楽しいことや良いことを、365日できたら、いいんじゃないかなぁ。

薬膳パーソナルディナー(4月3日)

前日に博子先生の漢方診察と血液検査を受けたメンバーのデータから、彼女に必要な成分を盛り込んだ薬膳のメニュー。

博子先生は使う漢方については細かく指示を出すが、メニューについては、丸鶏を使ってね~~、スープにしてね~~と大雑把に伝えるだけ。

あとはシェフが、食材や調理法などを決めて、メニューを組み立てる。

本日の食養茶は、補中益気湯。

なんかしらんが、苦い・・・。でも飲める。(o^^o)

フナクリ食堂

目にも鮮やかな前菜。

全て裏の畑で取れたお野菜。真ん中は、焼きイチゴとナッツ。

イチゴは生でも美味しいが、火をくわえることで甘みが増す。

フナクリ食堂

綺麗な色のビーツのソースをかけて。

主菜は薬膳スープだ。

フナクリ食堂

大きな鍋が運ばれてきて、目の前で蓋を開けたら、ほわっと湯気が上がる。

本当に丸ごとの鶏が入ってる!

お玉と箸でほぐれるほど、柔らかい。

フナクリ食堂

博子先生が、自ら取り分けてくださった。

お若い頃、飲食のバイトもしていたとかで、盛り付け方やお皿を出す所作が丁寧できれい。

なんでも経験してみるもんだね~~~。

フナクリ食堂

さて、この薬膳スープ、見た目だけでも分かるかもしれないが、ものすごく温まる。

身体がポッポポッポしてきて、汗が出てくるほど。

鶏のお出しがたっぷりでているので、調味料は塩のみ。

胃腸が弱くて普段は小食のメンバーも、おかわりしていた。

2杯目は、ローカット玄米と白菜のお漬物を入れて食べてもOK。

黒酢をかけても美味しい。

優しい・・・としか形容できない味で、いくらでも食べられそうだが、食べ過ぎは逆効果だと止められちゃった。

フナクリ食堂

デザートは、竜眼肉、連子、小豆の寒天。

スープで身体ほかほか、お腹パンパンだというのに、デザートは別腹なのは、薬膳でも同じ。

この日のシェフは前田いくこさん。

みんなのおくすりなごはん(4月4日)

最後の夜ご飯。

この日のシェフ、にしむらゆうこさんは、イタリアンが得意で、芸術的な料理を出す・・・と聞いていた。

なんて楽しみなこと。

フナクリ食堂

ビーツのスムージーと健康ブタの角煮。

お野菜はもちろん裏の畑から。

スムージーが身体に沁みていく感覚が心地よかった。

角煮はしっかり目の味付け。

フナクリ食堂

いちごとクレソンのピッツァ。

わ~~~、なにこれ、可愛い!・・・と、女子たちが騒ぐ。

クレソンも畑の横の水辺で採れたもの。

わしゃわしゃ生えていて、採っても採っても減らない・・・と博子先生がこぼしていた。

クレソンはピリッと辛くて、甘いイチゴと相性がいい。

フナクリ食堂

いとより鯛の蒸し煮。

鯛が口の中で、ほろほろと溶けていった。

フナクリ食堂

たけのこご飯。

味がついているのに、ご飯がこんなに白いのは、どうしてだろう。

今から旬だね。頬がゆるむ。お腹もゆるむ。心も満たされる。

フナクリ食堂

デザートは、ヴィーガンのティラミス。

動物性食材を一切使っていないということだよね?

バターもクリームもなしで、こんなに濃厚なティラミスができるなんて。

満足・・・なんて言葉では、表現しきれない満たされた感じ。

シェフからの一言メッセージは、豆の花は摘んでも摘んでも尽きることがなく、雨上がり畑の植物たちに、自ら成長したいという勢いを感じる・・・とのこと。

5食のお食事レポート、長かったのに読んでくださって、ありがとう。

 

フナクリ食堂は、受診や宿泊をしなくても、誰でも利用できるよ。

ただしパーソナル薬膳ディナーは、博子先生の診察と血液検査が必須。

おくすりごはんのディナーも予約が必要だと思う。

ランチは気軽に食べられるけれど、ラストオーダーは14時半。

あまりギリギリに行くと、売り切れちゃうのでご注意を。

フナクリ食堂HP

ヴィラカンポお部屋のご紹介(Chikakoのレポート)

船戸クリニック・セラピーのご紹介(Chikakoのレポート)

船戸クリニック・ダマヌールサーキットのご紹介(Chikakoのレポート)

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。