神様からの警告か? 怪我をして知る、当たり前の有り難さ

普段、当たり前だと思っていることが、全然当たり前ではありませんでした。

大雪の影響で、交通が麻痺し、物流も滞り、改めて気づかされた当たり前の有り難さですが、さらに追い打ちをかけるような事態が発生しました。

雪の後始末 あっという間の復旧

左義長に出かけた白山比咩神社。

大渋滞を乗り越えて駐車場に入りました。

すでにお焚き上げされたしめ縄や書き初めが、駐車場の真ん中に山となっています。

傍らにはショベルカー。

あまりにも量が多いので、ショベルカーでならすのは、いつもの光景です。

白山比咩神社

職場に飾ってあったしめ縄をお願いして、さて、お参りを・・・。

でもお腹が空いちゃったので、同じ敷地内の善与ェ門で、いつもの草餅ぜんざいを食べたくなりました。

いつ食べても、上品な甘さで、よもぎの香りもかぐわしく、本当に美味しい。

10年来の大ファンです。

草餅ぜんざい

身体も温まったところで、元気いっぱい、社殿に向かいました。

と・こ・ろ・が!

空は晴れ渡り、比較的穏やかな陽気だったのに、ほんの一カ所だけ、駐車場に凍っている場所がありました。

広い駐車場で、わざわざそのポイントに足を踏み入れるワタクシ!

ふわっと身体が浮き上がり、体勢を立て直す暇もなく、バンザイしたまま転んでしまいました。

まるで漫画のシーンのようでした。

凍ったアスファルトに左側面が叩きつけられ、なにが起こったのか、しばらく分かりません。

左腕と左脇の感覚がなく、呼吸もしずらい。

どうしよう・・・、どうしたらいい?

車に戻ってしばらく休憩しました。

やがて感覚が戻ってきます。

い、痛い・・・。😭

血は出ていないけれど、息をする度にズキズキ痛い。

これは、もしや肋骨にヒビ?

しばらく様子をみても、目立って腫れてくるわけでもないので、多分折れてはいないでしょう。

でも、痛い。

身体は動かせるし、歩行も問題ありません。

せっかく来たので、神様にご挨拶だけでも・・・と、そろそろ歩いてお参りだけしてきました。

運転も大丈夫でしたが、帰宅しても痛みは治まりません。

寝転ぶ、起き上がる、かがむ・・・、そんな何気ない動きに激痛が走ります。

くしゃみをしたり、笑ったりすると、悶絶します。

肋間神経は痛い・・・と聞いていましたが、体験しないと本当のところは分からないものですね。

肋骨の骨折やヒビには、対処療法しかありません。

湿布して、安静にして、バストバンドで固定するくらいしかできないのです。

大人しくしていれば、3週間くらいで、自然に治るとか。

このコロナ禍に入院とかオオゴトにならなくて、よかった・・・、けど、いつまで続くのかな、この痛み。

そして改めて知る、普通に動けることの有り難さ。

洗濯物を干すにも、フライパンを持つにも、湯船に入るにも、いちいち「うああ!」と悲鳴を上げなければいけないのは、本当に不自由です。

当たり前は当たり前じゃない。

雪と転倒と、二段重ねで教えられました。

 

それにしても、片道40分もかけてご挨拶に行った私にこの仕打ちって、神様もあんまりじゃない?

白山比咩神社
(お天気は最高。青空と杉のコントラストがきれいでした)

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。