金沢市田上・美味しいそばが食べたくなったら、迷わず石臼挽きそば蕎香へ

本当は秘密にしておきたい店って、あるよね。

美味しいよ!と、人に言いふらしたいけれど、人気になりすぎて、入店2時間待ちとかになったらイヤだなという、矛盾した気持ち。

石臼挽きそばの蕎香は、まさにそんな店。

大通りからちょっと入った所にある、シンプルな外観の店。

蕎香

だが、一歩足を踏み入れると、店内にジャズが流れる、お洒落なそば屋なのだ。

オーナー・宮本さんの若いセンスが随所に光る。

蕎香(蕎香HPより)

蕎香の基本情報

住所: 石川県金沢市田上さくら2-47

電話: 076-223-2717

営業時間: 11:30~14:30、17:30~20:30(蕎麦がなくなり次第閉店)

定休日: 火曜日

蕎麦がうまい

そば屋の勝負は、やはりそば。

蕎香のそばは、初めて口にした時、少し固めに感じたが、その歯ごたえがいい!…と今は思っている。

上品な香りがすっと鼻にぬけるような。

私はそばのエキスパートではないけれど、ああ、今、ちゃんとしたそばを食べているんだなと実感させてくれる。

蕎香では、真空パックで仕入れた国内産のむき実を低温保存し、そのつど、石臼で挽いているそうだ。

蕎香

この艶ったら!

天ぷらもうまい

一番最初に食べたのは、桜エビのかき揚げだった。

桜エビの甘み、香り、歯ごたえ、そして衣のサクサクさ…。

なんて美味しいかき揚げだろうと思った。

その後、春と秋、桜エビのシーズンになると食べに行ったが、最近は不漁で入荷がないとのこと。

とても残念。

だが、お隣富山県には名産・白エビがあるじゃないか!

白エビのかき揚げも、負けず劣らず絶品だ。

蕎香

本日は白エビのかき揚げ天そば。(1780円)

蕎香

器もシックでいい感じ。

蕎香

こちらは6月~9月限定の夏の冷やかけそば。(1400円)

スダチと大根おろしとミョウガのすっきりしたハーモニーが、食欲をそそる。

期間限定そばでは、香箱蟹の玉とじ葛あんかけ蕎麦(11月~12月)は、外せない。

香箱蟹が丸ごと一杯入った、濃厚なそばだ。

蕎香(蕎香HPより)

サイドメニューもうまい

和食やパティスリーで修行したオーナーだけあって、サイドメニューも凝っている。

蕎香

茄子のそば焼き。(640円)

トッピングの味噌に、そばの実がまぜてあって、コリコリと香ばしい。

蕎香

スモークチーズの天ぷら。(460円)

車で来てるのに、飲みたくなっちゃうな。

もちろん、日本酒、焼酎、ビールなど、お酒もある。

蕎香

デザートは、そば茶のブリュレやオレンジクリームプリンなど、女子が喜びそうなラインナップ。

AIMスカイシップのすぐ裏で、最近改装して、駐車場も広くなった。

お蕎麦が食べたくなったら、是非!

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。