家中のゴミ箱を一気に洗ってみたら、いいことがあった!

ゴミ箱って、定期的に洗ってる?

私は…あんまり洗わない。

近所の人は、月に1回くらい、丸洗いしたゴミ箱をガレージに干しているから、本当はそのくらいマメに洗うべきなのかもしれない。

でもごくたま~~~~~~~~~~に、洗っちゃろうかなという気分になることがある。

そんなチャンスは、逃しちゃダメ!

 

燃やすゴミは週2回、資源ゴミは月2回、燃やさないゴミは月1回の回収だが、ゴミ捨ての度に、目にしていたゴミ箱の底の黒ずみ。

洗わなきゃな…と気づいてはいても、そのまま放置すること幾歳月。

だがその日は、お天気もよく、気分もよく、珍しくエネルギーも満タンで、やる気に溢れていた。

家中のゴミ箱を集め、台所用洗剤と廃棄寸前のスポンジを持って、カーポートに出る。

おっと、日焼け止めと虫除けも忘れずに。

そして片っ端から、洗っていった。

内側も外側も底も。

こんな暑い日は、水遊び感覚でできるから、いいね。

そして洗い終えたゴミ箱たちを、これ見よがしに並べて干した。

どうだ!

ゴミ箱

半日もあれば、乾くかな。

ゴミ箱

↑こちらは2009年11月の画像。

数はあまり変わっていないが、色はバラバラだった。

人目につかない場所に置くゴミ箱も、騒色にならないように心がけている。

 

さて、ザブザブ洗って、一汗かいて、シャワーでも浴びようかなとバスルームに行くと、なんだか床がヌルッとしていた。

この間磨いたばかりなのに、梅雨時だから、仕方ないのかな。

なら、水遊びついでにと、バスルームの掃除に突入。

さらには洗面ボウルも磨きあげ、ついでにメダカの水槽の水替えもした。

そして、きれいになったゴミ箱たちが戻る場所も気になって、掃いたり、拭いたり…。

珍しく働き者になっちゃった。

モチベーションが高い時って、こんなものよね。

 

でもゴミ箱やゴミ箱置き場がきれいになったことは、きっと誰も気がつかない。

それでいいの。だって私は知っているから。

ゴミ箱の底の汚れがなくなって、ピカピカになっていることを。

きれいなゴミ箱にゴミを捨てる私は、黒ずんだゴミ箱にゴミを投げ入れる私とは、きっと何かが違うはず。

 

最近は脳内に黒服の執事がいて、「Chikako様がお暮らしになる場所ですから、私がきれいにさせていただきます!」と言ってくれる。

「あら~~、そう。よろしくね。」…と高笑いして、自分で掃除する私。

使えるものは、妄想でもなんでも使っちゃる。

 

でもね、神様は本当にいるのかもしれない。

夜、思いもしないご褒美が。

花束

日頃の私の働きに感謝して夫が買ってきたわけではない。

ある集まりの役員を3年勤め、次の人にバトンタッチすることになった夫が、お礼にもらったもの。

ちょうどお花がなかったから、すごく嬉しかった。

花束

自分では選ばない色使いだから、新鮮!

グロリオサ

グロリオサは、面白い形をしているね。

コサージュにすると映えると思う。

ゴミ箱を洗って、花束をゲットしたのは、エビでタイを釣ったのか、それとも風が吹いて桶屋が儲かったのか…。どっちかな。(^^ゞ

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。