金沢地方裁判所に、人生初の調停を申し立てることになっちゃった

テレビドラマや映画で見たことはあるが、実際に裁判所に行くことなんて、一生ないと思っていた。

まさかそんな日が来るなんて…!

弁護士や検察官など、そういうお仕事の人には単なる職場かもしれないが、私にとって裁判所は非日常も非日常、とても敷居の高い場所である。

そういう場所に足を踏み入れるのは、大変に勇気がいる。

仕事上でトラブルがあり、当事者間の話し合いがうまくいかず、かといって訴訟にするほどの案件でもない…、さて、どうするかとなった時、調停を申し立ててみては?…進言された。

調停?

調停ってなに?

調停のパンフ

そんなド素人の私が、この度、調停を申し立てることになった。

内容は詳しく書けないけれど、双方が署名捺印した契約書に明記されていることに対して、支払い義務はないと主張する相手と、契約通りに履行してほしい私。

そこに司法書士が入り込んできて、支払い義務はないと言い放つ。

説明を求めても、答える義務はないの一点張り。

話し合いに応じない。

法を順守するのが仕事じゃないの、司法書士って?

こんなことがまかり通ったら、契約書なんてただの紙切れだ。

金額的には、見逃せないこともない金額だが、こんな前例を作ると業界全体にとって大変に迷惑なので、泣き寝入りしないことにした。

ただし!

相手側は、最初からけんか腰でも、私はその土俵に乗らないようにしよう。

あんたたちが間違っている!と糾弾する、そんなエネルギーに浸りたくない。

これまで散々学んできた心のことを、この現実に生かしてみよう。

自分が属する社会の仕組みのひとつ、調停とはいったいどんなものかな…と、見学してみるつもりで。

金沢地方裁判所

とりあえず裁判所に出向いて、調停の説明を受け、必要書類一式をもらってきた。

提出書類を準備するだけでも、一仕事。

…まきこまれちゃったなぁの感あり。

誰だってそうだと思うが、私はファイティングポーズの人や、ベースに怒りがある人が苦手だ。

書類の準備もさることながら、人と争うことには変わりなく、外は春爛漫なのに、なんとも気が重い…。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。