台風一過

夜中に屋根を叩く、激しい雨音。

そして風のうなり。

台風の影響で、外はかなり荒れている。

カーテンを閉め、灯りを消していても、枝ごと引きちぎられるような勢いで、木々が大揺れしているのが分かる。

まるでハリーポッターの暴れ柳のように。

外にいたら、一瞬でずぶ濡れになるだろう。

・・・でも、私はぬくぬくとお布団の中。

このまま眠りにつき、なんの心配もなく朝を迎える。

 

こんな時、思う。

雨風をしのげる家があるというのは、なんてしあわせなことなんだろう・・・と。

普段は当たり前に感じている。

だけど、もし家がなかったら?

濡れそぼって、寒さに震え、まんじりともできずに、ただひたすらに朝を待つのだろう。

原始時代であったなら、これに天敵に襲われる危険も加わる。

獣を追い払うため、一晩中、火を絶やさないよう気をつけていなくちゃいけない。

安心して、ゆっくり眠るなんて、できなかったはず。

いつも半分覚醒していたか、見張り当番がいたのか。

雨や風をしのげ、敵に襲われる心配もせず、ゆっくり眠れるのは、家があるお陰なんだなぁ・・・と改めて思う。

・・・こんな時だけ。😅

スミレ

当たり前は当たり前ではないことを、私たちはよく忘れる。

なにかコトが起こった時や困った時、初めて意識するのだけれど、本当はいつも有り難いなぁ、ラッキーだなぁ、しあわせだなぁ、与えられているんだなぁ、全部あるんだなぁ・・・と思っていられたらいいな。

それはもちろん家に限ったことではない。

普段、なにげにスルーしている環境や家族や仕事や友人・知人や時間や能力や役割その他もろもろ、本当は全部当たり前ではないのだから。

コザクラインコ
(雨風や天敵の存在すら知らないココちゃん)

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。