映画【キネマの神様】 志村けんさんに捧ぐ 松竹100周年記念作品

タイトルの【キネマの神様】に既視感を覚えた。

ん?どこかで聞いたタイトル・・・。

そうそう、大好きな原田マハさんの同名小説だ。

小説が映画化されたのかなと思いつつ、予告編を観たら、ちょっと違うような気もする。

だって小説は、主人公のギャンブル狂いの父親が、ひょんなことから映画評を書き始め、それが大人気となり、英訳までされて、海の向こうの評論家と一騎打ちするストーリー。

でも映画では、主人公は父親の方で、彼はやっぱりギャンブル狂いだが、昔取った杵柄で脚本を書き、それが入賞して・・・というお話。

設定や大まかな流れに共通点はあるが、なんだか腑に落ちない。

だが調べてみたら、原作はやはり原田マハさんだった。

あ・・・、私の既視感、間違ってなかった。

キネマの神様のストーリー

ゴウこと丸山郷直(沢田研二)は80代。

ギャンブルと酒が大好きで、借金を繰り返しては、家族に迷惑をかける。

娘の歩(寺島しのぶ)に、「もうヤミ金には手を出さないって約束したじゃない!」と詰め寄られても、「だってギャンブルは生きがいだから・・・」とヘラヘラかわす。

業を煮やした歩は、父親のカードと通帳を取り上げる。

「金がなくて、何をしろって言うんだ!」

「お父さんには映画があるじゃない!」

そう、ゴウは根っからの映画人。

若い頃は、松竹の撮影所で働いていて、いつかは自分の脚本で映画を撮ることを夢見ていた。

だが初の監督作品も、撮影がうまくいかず、途中で投げ出すはめに。

場面は夢を目指していた若い頃と、酒浸りの現在をいったりきたりする。

昭和の色合いと香りの中に浮かび上がるのは、妻・淑子との出会い、テラシンとの友情、映画作りの情熱、青春の日々。

そして令和の情勢と空気感をまとって描かれるのは、忘れてしまった映画への想い、孫との不器用な連携、家族との軋轢、変わらぬテラシンとの友情。

ゴウはただのダメ親父として、家族や友人に心痛を与え続けて終わるのか、それとも・・・。

キネマの神様

キャストが豪華

年を取ったとはいえ、沢田研二は往年の大スター。

そのジュリーが情けない老人を演じるギャップといったら!

そして若き日のゴウは菅田将暉。

目をキラキラさせて、カチンコを鳴らす青年。

ナイーブで、調子がよくて、こらえ性がない。

苦しいことからは、すぐ逃げようとする。

だけどそんなゴウのことが好きでたまらないのが、撮影所の近くにある食堂の看板娘・淑子。

はじけるような笑顔の永野芽郁が眩しい。

昭和のダサい服装も(オレンジの花柄ブラウスに水色のカーディガンとか)、その愛らしさを際立たせている。

80代の淑子を演じるのは、宮本信子。

「あんな男と、なんで離婚しないのよ!」と詰問する娘に、「離婚しようと何度も思ったわよ。でも・・・」と煮え切らない。

安定の演技力で、どうしようもないダメ男に、つい手を差し伸べてしまう健気な妻を演じる。

半分愛想を尽かしつつ、でも嫌いになれない心情がにじみ出る。

もうさすがの宮本信子と言うしかない!

ゴウの親友・テラシンに扮するのは、小林稔侍。

見ているこっちが、キーーーーッとなりそうなほど、人がいい。

振り回されて、迷惑をかけられても、いいよ、いいよと受け入れてしまう懐の深さ。

小林稔侍のくしゃっとした笑顔に、ほっこりする。

松竹の女優・桂園子は、北川景子。

モノクロ映画時代の昭和っぽい演技が光る。

ちょっと大げさで、ちょっと芝居がかっていて、とってもチャーミングだ。

ゴウの脚本よろしく、スクリーンから出てくるシーンが美しい。

キネマの神様

志村けんさんがキャスティングされていた

松竹映画は、会社設立と蒲田撮影所の開所から、2020年でちょうど100年。

【キネマの神様】は、100周年を記念して制作された。

山田洋次監督がメガホンを握り、主演のゴウは・・・志村けんさんが演じるはずだった。

志村さんにとっては、初の主演映画、本人も並々ならぬ意気込みを見せていたとは、事務所談。

だがクランクインを前にして、志村さんは天国へ行ってしまった。

志村けんのゴウ、見てみたかったのは私だけではないだろう。

周囲をやきもきさせながらも、なぜか憎めない最高のダメ親父っぷりを、披露してくれたことと思う。

後を継いだ沢田研二とは、一緒にひげダンスを踊った仲。

追悼の意味でも、なんて粋なキャスティング。

『俺のほうがいい味出すけど、アイツだったら、まあ、いいか・・・』と志村さんも言うような気がする。

シネマの神様

Chikakoの感想

見終わったとき、ああ、明日からもがんばろ!・・・と思える映画が好きだ。

山田洋次監督だから、そこは抜かりない。

こんな人がそばにいるだけでも、イライラするのに、それが家族や近しい人だったら、どんなにストレスがたまるだろう。

散々迷惑をかけても、自分勝手な言い訳を繰り返し、反省もしなければ、行動を改めることもしないゴウ。

他人ならば、縁を切ることもできるけれど、家族だから、友人だから、仕方ないなぁと尻拭いをしてやる。

文句を言いながらも、みんな、ゴウを見捨てることができないのだ。

ダメなやつなんだけど、なぜか愛されちゃうゴウ。

たまにいるよね、こんな人。

好き勝手やって、派手な失敗もするのに、不思議とみんなが受け入れちゃう人。

その愛されエッセンスの秘密、知りたいな。

孫の提案で、リライトしたゴウの脚本は、大きな賞を受賞する。

有頂天になってどんちゃん騒ぎを繰り返すゴウは、晴れ舞台の授賞式に出られない。

不摂生がたたって、入院しちゃったから。

代理で出席した娘・歩が、ゴウのスピーチを代読する。

泣けちゃって最後まで読めなかったそのスピーチは、妻へのメッセージだった。

キネマの神様

間もなく人生の終わりを迎える老境の2人。

そのたどってきた紆余曲折の道。

いいことばかりじゃなかったけれど・・・。

 

最後の場面は、テラシンの映画館。

モノクロの古い映画がかかっている。

主演は、桂園子。

スクリーンの仲から、園子がゴウを呼ぶ。

「ゴウちゃん、いらっしゃいよ。」

小説・キネマ神様のChikakoレビュー

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。