キネマの神様・原田マハ著

原田マハさんの小説、好きラブラブ

『本日はお日柄もよく』はスピーチライター、『楽園のカンヴァス』は美術品キュレーターの話だが、あまり表に出ない職種の内側が細部まで描きだされ、実際に登場するスピーチ原稿や絵画の写実が、もうプロのそれ。

緻密なリサーチと言葉の職人技に、圧倒される。

『キネマの神様』は、きらびやかな職場を追われた40才の独身女性、円山歩とその父・郷直の物語。

この郷直・ゴウちゃんが、またクセモノで、80才を目前にして、ギャンブルにはまっている。

座右の銘は、「宵越しの銭は持たない」!

家族が咎めると、逆切れしてプイと出かけ、何日も姿をくらます、とんでもないオヤジだ。

自分の父親だったら、とても耐えられない…。

 

そんなゴウちゃんであるが、若い頃から映画が大好き。

ひょんなことから、名画座におわすシネマの神様の使途として、ブログに映画評を書くことになった。

 

ところが、ただの老人のつぶやきに見えたこのブログが、とてつもないアクセス数を叩き出すことになる。

英語に翻訳されたゴウちゃんの評論に、ローズバッドと名乗る、謎の人物からの反論が投稿されたからだ。

 

ゴウちゃんとローズバッドのブログ上での論戦は熱を帯び、世界中の映画ファンが固唾を飲んで見守る。

やがて会ったこともない二人の間には、友情が芽生え…。

マハさんの他の作品同様、ゴウちゃんとローズバッドがブログに投稿する文章が、秀逸すぎて、目が離せない。

 

最後に、関係者全員で、二人が選んだ人生最良の映画を鑑賞するのだが、その場面のそれぞれの気持ちの優しさや温かさに、思わず涙する。

ほのぼのした題材ではないはずなのに、心がふわっと柔らかくなり、ああ、生きているっていいな…と思わされる。

そしてこんな小説が読める幸せを、しみじみと感じるのである。

(旧ブログ・ごきげんの種を探してより転載)

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。