我が家のしめ縄は1年間飾ります 来年サポートしてくれるのはイザナミノミコト

しめ縄は自分で作るかオーダーする主義です。

…ほんの4年前からですけど(^^ゞ

Hanayaかれんさんのアーティスティックなしめ縄。

これを見ちゃったら、もう他には目が行きません。

昨年はオーダーして作ってもらいましたが、今年はワークショップで手作りすることにしました。

12月に数回開催されるワークショップ、クリスマス当日の参加者は私ともう一人だけ。

びっくりしたのは、もう一人の参加者さん、私と同じ町内にお住まいで、つい10日ほど前、全くの別件でお会いした方でした。

こういうのもシンクロというの?

きっとなにかしらのご縁があるのでしょう。

かれんさんのワークショップは独特で、まず神様カードを引いて、来年1年間私をサポートしてくれる神様に出てきてもらいます。

私が引いたのがイザナミノミコト(伊邪那美命)。

イザナギノミコトと棒で海を混ぜ混ぜして、日本列島を創った神様です。

そしてご一緒した彼女が引いたのが、あめのみなかぬしのかみ(天之御中主神)。

え~~~、このカード?とまたまたびっくり。

実は先日、白山比咩神社で神様カードをプロデュースした大塚和彦さんの講演があって、その時、いただいた1枚がこれでした。

あめのみなかぬしのかみは、宇宙の始まりから存在した神で、物事のスタートをつかさどります。

神様のサポートは1年間有効なので、しめ縄も左義長までではなく、1年間飾るのです。

神様カード

それぞれ自分が引いたカードから、何を感じるかを言葉にします。

ふっと頭に浮かんだのは「カラフル」。

あまり私には縁のないイメージですが、まあ、神様がそう仰るのであれば…。

このイメージを、ちょこっと頭の片隅に置きながら、しめ縄を作ります。

では製作に入りましょう。まずはベース選びから。

しめ縄づくり

3色のひもをネジネジしたロープ。

この色合いと房の質感に一目ぼれです。

次にお花と葉っぱを選びます。

しめ縄づくり

1番に手に取ったのが、レモンイエローの芍薬。

普段の私なら間違いなくピンク系にいくのに、イザナミノミコトの計らいでしょうか。

花を仮置きして、だいたいの位置を決めたら、茎を切ります。

しめ縄作り

ニッパーでけっこう短く切っちゃいます。

グルーガンで、ベースに接着。

しめ縄づくり

下になる葉っぱから。

グルーが納豆みたいに糸を引く~~~(^^ゞ

途中、お客さんが入ってきたので、オーナーに代わって、しめ縄の営業しちゃった!

しめ縄づくり

完成。

あら…、レモンイエローが、思いの外いい感じ。

直感って大事ね。

メッセージは、オーナーの香織さんがチャネリングしてくれたもの。

私の2020年は、なにかが始まるようです。

ご一緒した彼女の作品。

しめ縄づくり

ご本人さながらに、クールで大人っぽい。

セーラームーンみたいな私の作品とは対照的です。

Hanayaかれんさんの今年度のしめ縄ワークショップは終了しましたが、オーナーの作品は購入できます。

Hanayaかれんのしめ縄

素敵でしょ?数に限りがあるので早い者勝ちです。

年末は、12月31日の15時まで。

HanayaかれんさんのFacebookページ

Hanayaかれん

オーナーのかおりさんとパチリ。

しめ縄

ちなみにこれは、2年前のワークショップで私が作ったしめ縄です。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。