知る人ぞ知る 金沢市寺町の中国料理 麟 常識をくつがえす創作中華

立花B塾の懇親会で訪れた中国料理 麟。

中国料理と銘打ってはいるが、かなりオリジナリティが強い中華だ。

中国料理 麟の基本情報

所在地: 石川県金沢市寺町3-23-25

電話: 076-247-0332

営業時間: 11:30~14:30、17:30~ 22:30

定休日: 火曜日

予算: 昼~1000円、夜~1000円

店は寺町大通りに面していて、駐車場は店の前と近隣に2カ所ある。

中国料理 麟

中国料理 麟のコース料理を堪能

立花B塾金沢には、最強の宴会部長がいて、彼女の采配で、着席と同時にコースが始まった。

前評判が高く、何が出てくるのだろう…と一同ドキドキを止められない。

ドリンクに続く1番バッターの前菜。

中国料理 麟

左上から時計回りに、鴨むねハム、くらげ泡(…急いでメモしたので読めない…😅)、酔っ払いエビ、ピータン。

エビは味噌をちゅーちゅー吸ってください…と言われる。

脚をまとめて持って引っ張ると、スポンと抜けるよ~~と、教えてもらった。

味噌…、濃厚だった。

中国料理 麟

続いて点心。

エビシュウマイ、餃子、小籠包。

小籠包は、端っこをちょっとかじって、汁をすすってから、ガブリといくのが正しい食べ方だと思うが、最初からガブリとやって、美味しい汁を無駄にしてしまう人、続出。

熱々の汁が美味しいのに…。

修行が足らんぞ、君たち。

中国料理 麟

青菜炒め。

どこにでもある普通の青菜炒めだが、火が通っていて油も使っているのに、このさっぱり感はなんだろう。

中国料理 麟

フカヒレ、ハス蒸し、岩ノリのスープ。

みんなが絶品だーーーととろけ顔をするも、残念ながら、私はフカヒレにアレルギーがあって、食べられない。

惜しい…。

中国料理 麟

ワタリガニと肉団子。

ワタリガニはソフトクラブといって、脱皮したての非常に柔らかいカニを使っている。

殻ごと入っているのに、そのままパリパリ食べられる。新食感だーー。

春雨がカニのエキスをたっぷり吸っていて、ひじょうに美味しい。

中国料理 麟

中華料理でチリといえばエビチリ。

だが麟のチリは、なんとカキとホタテ!

しかも使っているカキがでっかいので、食べ応え満点だ。

一緒に供されたのは、エビのマヨネーズ和え。

辛いチリと甘みがあるマヨネーズ和えが、絶妙のハーモニー。

中国料理 麟

出るかな、出るかな~~とみんなが待っていたのが、麟の麻婆豆腐。

なんと白子が入っているのだ。

豆腐と白子は色が似ているが、歯ごたえのない食感もよく似ている。

だけど風味は全然違う。

麻婆の辛さをふわっとした白子が中和している。

辛いのが苦手な人も、絶対大丈夫。

中国料理 麟

〆は上海ガニのあんかけ炒飯。

ここまでですでにお腹いっぱいの一同だったが、とろける卵と上海ガニの香りにやられて、ペロリと完食。

いや、恐るべし、麟!

中国料理 麟

こちらはデザート。黒ゴマ餡だんごinウーロン茶。

団子の中にトロッとした黒ゴマが仕込んであって、甘くないウーロン茶の中にプカプカとたゆたっている。

すでにお腹ははちきれそうだが、このツルンとした見た目に誘われる。

満足度120%の中国料理 麟のコース。

お酒を飲まなかった私は、これで6000円だった。

たくさん飲んだ人たちも8000円。

コスパもいいよね。

立花B塾主宰 たっちー(立花岳志さん)のレポート

スタジオSeriオーナー・さわこさんのレポート

日曜日の夜、繁華街から離れているのに、満席だった。

予約がおすすめ。

電話:076-247-0332

立花B塾金沢 懇親会

宴会部長、ありがとう!

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。