金沢駅構内の駅の蔵で、秋のチーズフェスタ開催中

金沢のソウルフード…、それはカニでも甘えびでもブリでもなく、8番らーめんと第七餃子。(次点で金沢カレーかな。)

帰省した学生さんが、まず食べたいと言うらしい。

観光に来る人は、新鮮なお魚と洗練された和食を堪能し、地元っ子はラーメンと餃子に目を輝かせる。

これって、地元の人は、兼六園や茶屋街にほぼ行かない…というのと、同じかな。

まあ、これも住み分けと呼ぶのだろう。

さて、その8番グループが経営する居酒屋が金沢駅にある。

金沢旬料理 八兆屋 駅の蔵。

駅ビルの3階、1階に比べたら、目立たない場所だが、けっこうにぎわっている。

本格的な懐石でもカフェでもラーメンでもない時、ちょっとつまんで飲むにはいいお店だ。

混雑時は、多少うるさく感じるかもしれないが、メニューのラインアップは魅力的だし、味も接客もいい。

仕事帰りのサラリーマンに混じって、観光客や親子連れ、女性グループもいっぱい。

駅の蔵

現在、秋のチーズフェスタを開催中。

駅の蔵

いちじくと生ハムとチーズのサラダ。

皮ごと食べられる押水産(現在の宝達市水町)イチジクがゴロゴロ入っている。

その昔、義母から、イチジクは身体にいいから、いっぱい食べられよ…と言われ、秋にはイチジクを食べるように心がけている私には、嬉しいメニュー。

真ん中の白い塊は、モッツァレラチーズ。ナイフで切ると、とろりんと崩れる。

駅の蔵

4種チーズの包み揚げ。

4個セットだったので、それぞれ異なるチーズが入っていて、食べ比べるのかと思ったら、4種ミックスだそうで、味はみんな同じ。

パリパリの皮と溶けたチーズの食感が、楽しい。

駅の蔵

イカゲソのバター煮。

小さなコンロが出てきて、テーブルで火を入れる。貝の形のお皿が、女子好み。

駅の蔵

これは定番。

能登牛のステーキ(80g)

物足りない?いえ、これくらいがちょうどいい。

口の中で柔らかく溶けていくような食感です。

駅の蔵

レンコン餅チーズの磯部焼き。

歯ごたえもあり、レンコンとチーズがよくあっていて、お腹も膨れる。

これがあれば、〆のご飯はいらないなぁ。

これだけを二人でつつき、それぞれ2杯ずつ飲んで、6000円くらい。

定番メニューもあるが、季節ごとに変わるお料理もある。春には、春らしいチョイス。

駅の蔵

駅の蔵

春の山菜の天ぷら。

筍とハマグリ。

駅の蔵

ホタルイカの酢味噌あえ。

駅の蔵

このほか、郷土料理の治部煮や北陸が誇るキトキトのお刺身や鍋類もあり、選択肢は多い。

金沢駅にお立ち寄りの際は、是非!

駅の蔵アクセス

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。