コザクラインコがやってきた

我が家に新しい家族が仲間入りした。

コザクラインコのココちゃん。

どうぞよろしくね。

コザクラインコ

ココちゃんとの出会い

バラの消毒薬を買いに行ったホームセンター。たまたまのぞいたペットコーナーで、ばっちり目が合った。

一目でハートを鷲づかみにされたけど、生き物を衝動買いするのはどうかと思うので、その日はそのまま帰宅。

家族に頼み込んで(ほぼ泣き落とし)承諾を得て、翌日、もう一度会いに行く。

ガラスケースの中でピーピー鳴いている。

4月生まれ(正確な誕生日は分からない)だから、生後2ヶ月弱といったことろか。

もう羽毛は生えそろっているが中雛なので、粟玉をお湯でふやかして食べている。大人の餌へと移行中。

出生地は兵庫県。

カラーはモーブ。

コザクラインコは、グリーンやクリームイエローが標準的で、モーブは地味目なカラーと言える。

だがその滑らかなグレーと頬の白さ、くりくりのお目々がとてつもなく可愛らしい。


(標準的なコザクラインコ)

この子がいい。この子に決めた。

お店の人に、噛み癖があるかを確かめたら、ないと言う。

ハムスターもそうだが、噛む子は最初から噛む。

今の時点で噛まないのであれば、脅かしたり怖がらせたりして育てない限り、かみ癖に困ることはないだろう。

コザクラインコは英語でlovebirdと言う。

セキセイインコほどお喋りはしないが、とても愛情深く、人に慣れる。

いい相棒になれるかな・・・。

暑い地方の鳥なので寒さが苦手

コザクラインコは、アフリカ南西部ナミビア共和国の半乾燥地帯に生息する。

・・・オーストラリアだと思っていたので、意外だった。

だいたい30度くらいの気候帯なので、そのくらいの温度を保ってあげる必要がある。

特に雛の間は、体温調節が万全ではないため、保温は大切だ。

ペット用の保温パッドを購入した。

飼育グッズを揃える

ホームセンターに手頃な鳥かごがなかったので、とりあえずはプラスチックケースで代用。カブトムシみたい・・・。

餌は粟玉(赤ちゃん用)と大人のシードの2種類。

あと止まり木。鳥なので、止まる練習をしなければならない。

お店の人に、ひな鳥の飼育方法を教えてもらった。

私は子どもの頃、セキセイインコを何羽も飼っていたし、もっと小さい雛も育てたことがある。

でもそれは40年近く前のこと。

こんな小さな生き物のこと、きっととてもデリケートだろう。

環境の変化で体調を崩さないよう、気をつけてあげなければ。

家に連れて帰った

ホームセンターからは、小さな箱に入ってきた。(空気穴付き)

プラスチックケースの底にペーパータオルを敷き、ケースの下に保温パッドを差し込む。

そして箱ごとケースに入れて、蓋を開けた。

コザクラインコ

しばらく動きはなかった。

移動だけでも緊張しているだろうに、まったく新しい場所に来たのだ。

自分で出てくるまで、そっと待つ。

30分後・・・。

コザクラインコ

お!出てきた。

キョロキョロあたりを見回している。

や~~ん、可愛い♥

粟玉をお湯にふやかして、小さなトレーに乗せてやる。

粟がたっぷり水を吸っているので、これを食べている間は、水がなくても大丈夫とのこと。(乾燥地帯の鳥だしね)

鳥かごをネットで購入

翌日、ネットで購入した鳥かごが届いた。

鳥かご

あ・・・、自分で組み立てるやつね。

いいけど、こういうの得意だから。

鳥かご

得意とか関係なく、ものの3分で組み上がる簡単な構造だった。

鳥かご

あら、上手に止まるじゃない。

金網を上に横によじ登って、遊んでいる。お気に召したようで、なによりだ。

しばらくの間、日中は鳥かごで、夜はプラケースで(保温のため)、過ごしてもらおうと思う。

コザクラインコの寿命は、長い個体で15年。

そっか。これから長いお付き合いになりそうだ。仲良くやろうね。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。