アドベントカレンダー12月8日 【大人のための制服】

12月の1日から25日まで、カレンダーをめくって、毎日、ひとつずつお菓子やおもちゃを集めていくアドベントカレンダー。

私も毎日ひとつずつ、幸せの種を数えています。

December 8

装うことに、私はけっこう無頓着だ。

これは好き、これは着たくない・・・くらいの基準はあるが、コーディネートを考えたり、お店を見て回ったりすることに、あまりときめきを感じない。

この冬、新しいニットが欲しいと思えばショッピングに行くが、絶対の1枚を探すほどの情熱はない。

そんな私が、生まれて初めて、オーダーメイドに手を出すことになった。

きっかけはお洒落なプロ集団、chant_de_coccinelle(コクシネル)。

印象美プロデューサーの小西敦子さんとデザイナーの木場紳匠郎さんとテーラーの星芳宏さんの3人組。

なんというか・・・絶対に追いつけない、圧倒的なセンスとプロのプライドをまとっている。

coccinelle

まあ、ただ格好いい人たちだけであったなら、私はきっとオーダーメイドに惹かれなかっただろう。

先月、3人と面談した時、いろいろな話の中から、それこそ幼少期の思い出や好きなアニメや現在の懸案事項まで、時系列ガン無視でポンポン飛び出す話の中から、出てきたテーマは「今後10年を楽しく生きるための制服」だった。

この年になって制服!

心臓がトクンと跳ねた。

仕事用のユニフォームとはまた違う。

私の定番であり、袖を通せば、”私”のスイッチが入る・・・、そんな服。

たくさんの人のためではなく、私1人のためにテーマを決め、デザインし、生地を選び、仕立て、私の身体にぴったりあうよう微調整した服。

”私”の表現の一部となる服。

まさに私だけの1着。

今年はコロナのこともあり、なかなかにしんどい年だった。

だけど新しく来るという風の時代を、飄々と笑いながら生きるための制服を、作ろう!

coccinelle

今はテーマ決め、採寸、デザインを経て、仮縫いの課程。

仮縫いも人生初だった。

この白っぽい服は、シーチングという仮縫い用のドレス。

シーチングで、シルエットやサイズをチェックすることを、トワルを組むと言うそうな。

ここで微調整をしてから、型紙を起こし、ドレスの生地を裁つ。

肩幅を縮め、襟ぐりを広げ、袖のギャザーを減らし、お腹のタックをつまむ。

実際にシーチングにはさみを入れて、その場でピン止めしていく。

私の身体にミリ単位であわせていく作業。

まさに魔法の手だ!

自分自身でさえ、自分の身体にこんなにしっかり寄り添ったことはないのでは・・・と思えるほど丁寧な仕事だった。

cocceinelle

歩いた時のスカートの揺れまで計算にいれる。

coccinelle

選んだ生地は、オールシーズンOKな落ち着いたパープル。

春ならすみれ色、秋なら葡萄色ね・・・と小西さん。

実はこれは紳士服の生地で、乗馬に使えるほど丈夫なのに、とても柔らかい。

きっと美しいドレープが出るだろう。

私の制服が完成するのは、1ヶ月後。

娘の卒業式でお披露目かなぁ・・・。

なんて楽しみなんだろう!

coccinelle

帰りにいただいた、心づくしのお土産。

なんだと思う?

coccinelle

Ingenious Blue。クローゼットのためのフレグランス。

白い小鳥にフレグランスを垂らすと、ブルーになるんだって。

こういうセンスは、本当にもう、逆立ちしたって、かなわない。

すぐに使ってもいいと言われたけれど、制服が来るまで待とう。

鳥がブルーに変わる課程は、また別記事で。

(photo by A.Konishi and S.Kiba)

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。