アドベントカレンダー12月6日 【心の話ができる人】

クリスマスまでの間、1日ひとつずつ、幸せの種を数えています。

December 6

怒りは感情の蓋である。

自分の中に怒りがわき上がった時は、蓋が開いた時。

怒りの下に、本当の自分の気持ちが隠れている。

 

自分を知りたいと思ったら、怒りに絡め取られるのではなく、怒りの奥にどんな感情があるのかをしっかり見ることが大切だ。

許せない、あり得ない、相手が間違っている、傷つけられた、なんで私が・・・と、荒れ狂う怒りの向こうにあるもの、それは・・・。

寂しいよ。

私を見てよ。

かまってよ。

分かってよ。

愛してよ。

そんな気持ち。

でもそんな女々しい気持ちがあるなんて、普段は絶対認めたくない。

無意識に見ないようにしている。

だけど怒りという情動に突き動かされて、それがちょろりと顔を出す。

チャンスだよ。

自分の本当の気持ちに気づく、絶好のチャンスだよ。

相手に向けたベクトルを、自分に向けて、よく見て。

だって本当に大切なのは、相手じゃなくて、自分でしょ?

自分が本当はどう感じているのか、それって、すごく大事なことでしょ?

そしてその寂しさや悲しさや切なさを、抱きとめてあげるの。

ああ、私は寂しいんだな。

もっと話を聞いて欲しいんだな。

自分の気持ちを分かってほしいんだな。

・・・そう気づくだけでいいの。

自分が気づけば、偽装マントだった怒りは昇華するから。

自分ともっと仲良くなれるから。

自分のことを、前より好きになれるから。

 

・・・こんな話を分かちあえる人がいた。

それは私にとっては、とてもとても嬉しいことなのだ。

私は昔からずっと”真理”を知りたかった。

人や心に興味があり、宇宙の理の本当のところを、ずっと自分なりに理解したいと思っていた。

だからこんな話を聞いてくれて、リアクションを返してくれる人がいたことが、とても嬉しい。

12月6日の幸せの種は、同じ土俵で話せる相手。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。