アドベントカレンダー12月21日 【あわや火事・・・を回避】

クリスマスまでの25日間、1日ひとつ、しあわせの種を数えています。

December 21

冬至。

最も昼が短く、夜が長い日。

春へと向かうスタートの日。

なにか特別な力が働いているのだろうか。

 

夜、リビングに入ってきて、あ~~やれやれと、ソファに腰を下ろした。

すると目の端で、なにかチラチラと動くものが。

なんだろう・・・と見ると、壁のコンセントから火の手が!

え?えええ?

とっさにカーテンを持ち上げて火から離すが、パチパチと音を立てて燃えているのは、電気ストーブのコンセント。

あわあわしている私を押しのけて、夫がコードを引っ張りコンセントを抜く。

電流が遮断されて、すぐに火は消えたものの、床には黒焦げになったコンセント。

中の電線が焼き切れて、コード部分とビニールだけで繋がっている。

とりあえず、コップの水に浸して完全に消火。

部屋中に立ちこめる、嫌な臭いと煙。

今、思い出しても、胸がバクバクする。

 

なんで出火したのか、思い当たる節はある。

ここ2週間ほど、スイッチを入れても、通電しないことが数回あった。

なんでかな・・・と思って、スイッチを入れ直すと、動き出したりして。

コンセント部分の劣化。ちゃんと原因はあったのだ。

手軽に持ち運びできるストーブだけに、コンセントの抜き差しも多かったし。

 

・・・で、なんでこれが幸せの種かというと、私がリビングに入ってきたタイミング。

出火の直前に、2時間のネット講座が終わった。

そのままダラダラネットをしていてもよかったが、なんとなく席を立って、リビングに行った。

出火はまさにそのタイミングだったのだ。

夫は自分のコーナーでくつろいでいたから、コンセント位置は死角になって、燃え広がるまで気づかなかっただろう。

時間ちょうどで講座が終わり、私がストーブの近くに行った。

偶然?偶然かもしれない。

でも、なんだか見えないなにかに守られているなぁ・・・と思った。

新年を前に、こんな寒空に焼け出されたらと考えると、身震いする。

なにに(誰に?)感謝していいのか分からないけれど、ともかくありがとう。

12月21日のしあわせの種は、守られていること。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。