アドベントカレンダー12月20日 【地球に優しい小さなこと】

12月25日まで、アドベントカレンダーよろしく、小さな幸せを数えています。

December 20

職場で、RICOHのジェルジェットプリンターを使っているが、毎日、いっぱい印刷するので、インクがすぐ切れる。

インクはカートリッジ式。

でもちょっと特殊な形だ。

GELJET SGカートリッジ

この使用済みカートリッジが、倉庫の中にいっぱいあった。

これって、どうやって処分したらいいんだろう。

普通のインクカートリッジであれば、量販店やホームセンターにリサイクルボックスがある。

インクカートリッジ
(こういうタイプ)

でもそこにジェルジェット用を入れてもいいのだろうか・・・。

結局、リサイクルされずにゴミ箱に行くのでは?

そう思って、調べてみた。

さすがはRICOH!

自社で使用済みカートリッジを回収していた。

しかも送料は会社負担で。

・・・で、手順に従って、まずは回収ボックス(まとめ箱)と回収袋を取り寄せた。

ネットで申し込みをして、2日後には来たよ。

まとめ箱を組み立て、ビニール袋をセットし、使用済みカートリッジを入れる。

あとは封をして、宅配便で送るだけ。

箱には、送り先住所が印字された着払いの伝票が、すでに貼ってある。

自分の住所・氏名を記入するだけだ。

集荷も頼めるようだが、近所に取り次ぎ店があるから、直接持ち込むことにする。

リサイクル

まとめ箱には、ジェルジェット用カートリッジが20本前後入る。

箱を取り寄せておいて、使用済みはここにためておけばいいな。

1~2本であれば、回収専用封筒が使えるし、製品に同梱されいてるビニール袋で送ることも可能。

リサイクル

専用コールセンターもあるとのこと。

売った後のこともきちんと考えている企業は、信頼できると思う。

いずれにしても、懸案事項が年内にひとつ片づいて、嬉しい。

しかもちょっとの手間で、ちょっとだけ地球に優しくできたから、なおのこといい気分。

12月20日のしあわせの種は、ちゃんとリサイクルできたこと。

RICHO・使用済みカートリッジ回収について

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。