かわいいヤツラがやってきた!

新しい家族がやってきた…なんて言うと、お孫さん?と言われる年代になりました。

…でも違うよ、孫じゃない。

我が家にやってきたのは、メダカの家族です。

実家の母は、最近、足腰が弱ってきて、外出の頻度が減りました。

そうしたら、家にいる時間を少しでも楽しめるように…と、友人が自分で繁殖したメダカを持ってきてくれたのです。

庭のスイレン鉢に放しておいたら、どんどん卵を産んで増えました。

水草に産み付けられた卵は、そのままにしておくと成魚が食べてしまうので、違う入れ物で孵化するのを待つのだそうです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、小さくてボウフラと見分けが尽きません。

卵だってイクラではなく、タラコの粒々サイズだから、幼魚が小さいのは当たり前ですが…。

その小さな小さな赤ちゃんメダカが、うようよ育ったので、養子に出したいとのこと。

本当はワンちゃんが飼いたいのに、諸般の事情で飼えない私が飛びつきました。

なにか金魚鉢みたいな入れ物ある?…と聞くと、ああ、アレアレ!…と母が戸棚の下から出してきたのは、まさかのコスタボーダーのサラダボウル!

コスタボーダー

コスタボーダーはスウェーデンのガラスメーカー。

これはかつてスウェーデン企業の日本支社に勤めて私が、クリスマスプレゼントに会社からもらった器です。

でもそれは、30年以上前のこと。

まだあったんだ…。

いや、そうじゃなくて、コスタボーダーを金魚鉢にするなんて!

当時で1万円くらいした品だと思います。(これを全社員に配ったんだから、バブルってすごい…)

その器にメダカ?

…でも、30年間、実家の戸棚で忘れ去られていた器でもあります。

これからも使われることはないでしょう。

なら、金魚鉢にしてもいいのでは?モノは使ってこそだしね。

…というわけで、おそらく日本一贅沢な金魚鉢とともに、メダカの成魚3匹と稚魚7匹が、我が家に仲間入り。

「こんな小さな魚でも、リビングに生き物がいるってだけで、寂しさが和らぐのよ。」…と母。

寂しいんだね、お母さん。ごめん、これからもっと顔出すよ。

元気に泳いでいる姿は、…確かに見ていて楽しい。

思わず、話しかけちゃったりして。

成魚と稚魚では、エサも違います。

このチビッコたちを、立派に育ててしんぜましょーーー!

メダカ

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。