善意と応援のマスクに支えられて…ありがとう

2週間ほど前、使い捨てマスクの消毒方法についてブログに書きました。

使い捨てマスクを消毒して再利用する方法

使い捨てマスクの再利用は、褒められたことではないし、メーカーは絶対推奨しないと思いますが、入手できなくて困っている人の、最後の手段になればいいな…と。

そうしたら、その翌日から、不思議なことが起き始めました。

次から次へとマスクが集まってきたのです。

まず知人のお母さんが手作りしてくれた、ペーパーナプキンのマスク。

マスク

かわいい…。

マスク

医療用ではないけれど、マスクを忘れちゃった患者さんに使っていただきます。

そして石川県健康福祉部からも。

羽咋市の平昭七記念財団より、100万枚のマスクが県に寄贈されました。

まずは最前線の大病院や福祉施設に配布されたと思いますが、末端のクリニックにも回ってきたのです。

さらにご近所さんが、「使ってくだい」と箱入りマスクを持ってきてくれました。

そのうえ、患者さんまでが、「医療用と書いてあるから、使って」…と袋入りマスクを。

ご自分だって必要なはずなのに。

地元の友人たち、それから岐阜や東京など遠方からも、「送りましょうか?」と有難いお申し出が相次ぎました。

そして弟も、「今はテレワークだから…」と、なけなしのマスクを譲ってくれました。

 

こんな物も届きました。

フェイスシールド

友人が、職場の3Dプリンターで作ってくれたフェイスシールドです。

フェイスシールド

クリアケースを挟んで使います。

クリニックではPCR検査はできないし、検査は発熱後4日経たないと受けられません。

コロナ陽性かどうか分からないまま、熱発した患者さんを診療することがあり、後から感染が判明した場合、目をカバーせずにインフルエンザの検査などをしていれば、濃厚接触者とみなされ、医療者も2週間の自主隔離となります。

クリニックを2週間閉院すれば、基礎疾患を持つ患者さんたちは、ものすごく困ります。

これまでは100均で買ったゴーグルを使っていましたが、フェイスシールドがあれば、それにこしたことはありません。

設計図は大阪大学の先生が、ネットに無料で公開してくださっています。

 

さらに石川県からは、一斗缶に入ったアルコールも支給されることになりました。

水と混ぜれば消毒液を作ることができます。

(医療には使いません。あくまでも手指の消毒用です。)

 

みなさん、気にかけてくださって、本当にありがとう。

「医療者には、ちゃんとした物を使ってほしい」というお声も、本当に嬉しかった。

心もとなかった物資も少しずつそろってきて、心強い限りです。

私たちはこんなにも支えられていると…改めて感じました。

緊急事態宣言が延長され、石川県は特定警戒都道府県に指定されたままで、いつ収束するのか見当もつきませんが、地域医療のため、スタッフ一同、頑張ります。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。