STAY HOMEの副産物で家族の大切さに気づく…そしてホットプレートが大活躍

コロナの影響で、毎晩遅かったご主人が、夕飯の時間に帰宅するようになった…と、知人が言います。

家族と一緒に食卓を囲むようになって、ご主人の心境に変化が表れてきました。

「俺は仕事ばかりしていて、今しかない子どもたちとの貴重な時間を失うところだった。

やがては巣立っていく子どもたちと、こうやって一緒に過ごす時間を持てて、よかった。間に合った。」…と。

彼女のご家庭では、餃子を1回に100個作るそうですが、そのうち80個は普通の餃子、残り20個はロシアンルーレット。

みんなで餃子を包むのですが、20個にはアンコやわさびやフルーツが混入されます。

ミカンが嫌いなご主人が、ミカン入り餃子を引き当てて、20年ぶりにミカンを食したとか。

渋い顔をのお父さんに、家族みんなで大笑い。

STAY HOMEがすっかり楽しくなっちゃったご主人は、麻雀パイを買ってきて、子どもたちに麻雀を教え、また廊下でパターゴルフ大会も始めたそうです。

彼女のお子さんは高1と中1だというから、驚きです。

そんな年頃の子たちは、なかなか親と一緒に餃子を包んだり、遊んだりしませんから…。

微笑ましい…。確かに間に合いましたね。

 

私たち日本人は、これまで忙しすぎました。

経済の歯車に絡め取られて、いつの間にか大事なことがおろそかになっていたのかもしれません。

本来の姿を取り戻す…、意外なSTAY HOMEの副産物です。

 

彼女の話を聞いて、私もやってみたくなりました、ロシアンルーレット。(^^ゞ

餃子

全部で70個作りましたが、チョコ入りとクリームチーズ入りと納豆入りを3個ずつ。

クリームチーズと納豆は、普通に美味しくて、全然サプライズになりませんでした。

でもチョコレートは、あかんね~~~。

まっず!…と顔をゆがめて食べてました。しかも酢醤油つけて…。

餃子

有無を言わせず夫も引きずり込みましたが、彼にとっては生まれて初めての餃子作りでした。

どう?いつもバクバク食べてるけど、餃子がどんだけ面倒くさいか、わかった?

…じゃなくて、自分で包んだ餃子は、格別でしょ?

焼き肉

久々に日の目を見たホットプレートが、思いの外、いい仕事をしたので、別の日には、普段あまりしない焼き肉もしました。

それからお好み焼きも。

最近、キャベツがやたらと高いのは、STAY HOME中のみんなが、お好み焼き作ってるからかな。

それから、ブログ仲間のMIWAちゃんのまねをして、餃子の皮で、なんちゃってピザも作りました。

具は冷蔵庫の中にあるもので。ソースは市販のピザソースと、マヨネーズとケチャップをまぜた即席オーロラソースの2種類。

意外とボリュームがあって、私は4つで満腹です。

MIWAちゃんの餃子ピザ

餃子の皮でピザ

4日もあったお休みも今日で終わりです。

どこにも行かず、ひたすら草むしりをしていましたが、本を読んだり、お昼寝したり、漫画を読んだり、動画を見たりして、ゆっくりできました。

また明日から、頑張るぞーーー!

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。