姑から、いい嫁認定いただきました!

義理の母は98歳。

いろいろなことを忘れてしまい、今は老人ホームで暮らしている。

食べて、寝て、お遊戯して、ケラケラ笑っている。

悩み事もなく、幸せそうだ。

あ…、でも、時々、長生きしすぎて、迷惑をかけていると口にする。

何をするにも人の手を借りなければならないが、だからといって、その人の存在価値がなくなるわけではない。

私は童女のような義母に会うと、ほっこりと優しい気持ちになる。

つまり癒やされちゃうのだ。

98歳の現役ヒーラーだよ、ばあちゃん。

おばあちゃん

 

義母に初めて会ったのは、29年前。

未来の嫁として、夫の実家を訪問した時。

私は白い襟がヒラヒラした、山吹色のお嬢ワンピースを着て、ガチガチに緊張していた。

はじめましてのご挨拶もそこそこに、ちゃぶ台の上にドン!…と置かれたのは、真っ赤に熟れたスイカだった。

義父母が育てた自慢のスイカは、でっかい半月形に切られていた。

スイカ
(このくらい大きかった!)

…この状況で、これにかぶりつけと?

固まってしまった私に、「スプーンをあげるね」と義姉が気を遣ってくれたのに、「スイカはかぶりつくのが、旨い!」と義母が言い放った。

横目で夫を見ると、すでに大口開けて、スイカに顔を埋めている。

どうする、私?

これは試験なのかも…。

この家に受け入れてもらうための試験。

上品に…なんて、言ってられない。

覚悟を決め、ヒラヒラの襟を気にしながらも、私はスイカにかじりついた。

一気に完食して、「美味しい!」

かくて私は嫁として認められたのだった。(←マジか?)

スイカ
(せめてこんな風に切ってくれたら…)

 

あれから29年。

何もなかったとは言わないが、総じて悪い思い出はない。

義母は田舎の人なので、プライバシーには無頓着だったが、基本的に善人で、優しい人だった。

意地悪されたり、嫁いびりされたことはなかった。

…どちらかというと、気の強い嫁に気を遣っていたかもしれない。(^^ゞ

 

息子が4歳くらいの時、保育園でトビヒが流行った。

4歳児が接触を避けられるはずもなく、息子もトビヒになった。

トビヒは患部を覆っておかなければ、体液が散って、どんどん広がる。

真夏だったのに、膝も手もほっぺも包帯や絆創膏だらけで、なんとも痛々しい。

そんな時、義母から夫に手紙が届いた。家ではなく、職場に。

手紙には新聞の切り抜きが入っていて、トビヒは精神的ストレスが原因の場合もあると書いてあった。

包帯だらけのビジュアルもあって、義母は、私が息子を折檻しているのではないか…と疑ったのだ。

手紙を読んだ夫が実家に行き、朝晩、20分以上かけて、私が丁寧に患部の処置をしていることを伝えた。

義母はすぐに謝ってくれたが、でももしかしたら、義母の勘は半分当たっていたのかもしれない。

折檻こそしていないが、当時、不機嫌マックスだった私は、子どもにとっては怖い母親だったと思う。

孫思いのおばあちゃんは、そのことを指摘したかったのではないだろうか。

不機嫌だった私のこと

 

義母に責められたのは、後にも先にもこの1件だけと記憶している。

おばあちゃん

そんな義母も、いまや自分が子どもに返り、見舞いに行った私と無邪気にお遊戯をする。

せっせっせ~~~の、よいよいよい!

茶摘みの手遊びをしている時、義母が言った。

 

「Chikakoさんは、○○(夫)の奥さん~~。いい奥さんだね~~~。」

 

でかいスイカをペロリとたいらげた日から、29年を経て、こんな勲章みたいな言葉をもらえるとは!

ただただしみじみ感動する。

 

姑からいい嫁認定されるなんて、最高の栄誉だな…と夫。

いや、それ違うし。

本当は君が言うべきセリフを、代わりに言ってくれたんだよ。

親は、いくつになっても親なんだな…。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。