姉さん、また事件です!メダカの赤ちゃんが生まれました!

母からもらったメダカの成魚の一匹が、やけに太っているなと思ったが、翌日、なぜかスマートになっていた。

まさかね…と思いながら、ボウルに浮かべていたホテイソウの根を触ってみると…。

なんだかツブツブしたモノがくっついている。

それは本当に小さくて、指先に全神経を集中させないと分からないほどだけれど、確かにある。

た、たまご?

えええええ?これって、これって、孵化するの?

メダカって、どうやって受精するんだっけ?

受精卵で産むの?それともシャケみたいに、産んだ後に受精するの?

よく分からないけれど、卵であるなら、それはもう生命。

死なせるわけにはいかない。

取り切れるだけ取って、別のビンに入れてみた。

えっ……と、エサはいらないし、温度はどうなんだろ…。

死んだ卵は白くなるそうだけど、どの程度を白とみなすの?

分からない尽くしだが、まあ孵るのには10日ほどかかるみたいなので、ゆっくり準備すればいいか。

…とのんびり構えていたのに、さっきビンをのぞいてみたら、小さな小さな体長5ミリに満たない赤ちゃんが3匹、水面近くに浮いていた!

えええええ?まだ3日しか経ってないよ。

つまりこの卵は、我が家で生まれたのではなく、ホテイソウに元々くっついてたの?

それとも夏だから、早く孵化したとか?

なんて驚いている間に、赤ちゃんは5匹に増えた。あ…、さらに1匹。

や~~~ん、稚魚の飼育法、急いで勉強しなくちゃ。

ただのメダカの飼い主から、いきなりブリーダーに昇格してしまった…!

ホテイソウ

ちなみにホテイソウには、こんなきれいな花が咲くらしい。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。