フォトコンテストの賞品は、富山産チューリップの球根30個!

あれは5月半ばの午後だった。

朝からの雨は昼過ぎに止んだが、空はどんより曇り空。

「バラ園に行ってみようか」

出先からの帰り道、夫が唐突に言いだした。

5月はバラの季節。

富樫運動公園のバラはさぞかし美しいことだろう。

もちろん花期の間に行くつもりだった。

写真も撮りたいと思っていた。

だけど、この天気じゃ・・・。しかもα5100、今持ってないし。

太陽光の下で光り輝くバラを撮る。

それが毎年の習慣だった。

曇り空では、キラキラしたバラたちは拝めないなぁ・・・と渋ったのだけれど、あまり休みも取れないので行ってみることにした。

時々ポツリと雨粒が落ちてくる。

足元も濡れて滑りやすい。

人影はまばら。

湿った空気の中で、濃厚なバラの香りがむせかえる。

そして気がついた。

曇天の光加減は、バラの違った表情を引き出すことを。

雨のしずくをたたえたビロードのような花びらの、なんという美しさ。

ちょうどしずくの写真に凝っていた時でもあり、バラの内部をのぞき込むようにして、何枚も撮った。

その日撮ったバラたちの写真

そしてその中の1枚を、金沢市スポーツ事業団が主催するデジタルフォトコンテストに応募した。

スマホ写真でもOKというのが、応募のハードルが低くてよかった。

応募作品は、バラの部、チューリップの部、桜の部、それぞれ10点ずつに絞られて、市内のスポーツ施設に張り出され、来場者の投票で入賞が決まる。

まずはベスト10に選ばれているといいな。

鳴和台市民体育館に、見に行ったら・・・。

デジタルフォトコンテスト

あったよ!私の撮った紫のバラ。

鳴和台市民体育館

鳴和の温水プールは、昔、子どもたちとよく来た場所。

今もあの頃のままで、とても懐かしい。

そして7月上旬、投票の結果が発表された。

デジタルフォトコンテスト

あわあわあわ・・・。(゚_゚)(゚_゚)(゚_゚)

びっくりした。

でもすごく嬉しかった。

だってシャルル・ド・ゴールの薄紫と雫がすごく綺麗に撮れたと思っていたから。

私が美しいと思った1枚を、他の人も美しいと感じてくれたことが嬉しかった。

ほどなくして、賞状とA4サイズにプリントした写真が送られてきた。

デジタルフォトコンテスト

これも嬉しい。額装して飾ろうっと。

そして10月初旬、賞品が届いた。

富山のチューリップ

とやまのチューリップの球根。

花の写真コンテストの賞品には、ぴったりの品。

とやまのチューリップ

6種類30球。

どこに植えようかな。

来年の春の楽しみがまたひとつ増えた。

咲いたら、もちろん写真撮るよ。😊

シャルル・ドゥ・ゴール

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。