アドベントカレンダー12月1日 【懐かしい邂逅】

アドベントカレンダーというものがある。

12月のカレンダーで、日付をめくると小さなおもちゃやお菓子が出てくる仕掛け。

子どもたちは、毎日ひとつずつ、小さなアイテムをもらって、25日のクリスマスをワクワクしながら迎える。

アドベントカレンダー

バタバタだった2020年もはや12月。

私もアドベントカレンダーをやってみよう。

ただし、おもちゃやお菓子を集めるのではなく、毎日1つずつ、幸せや感動や小さな奇跡を数えていく。

December 1

なんだか唐突に、水色のパフェが食べたくなった。

私にしては珍しいことだ。

水色のパフェというと、アレだな・・・。

ちょっと遠いけれど、お天気も良いし、空色の車でひとっ走り行ってこよう。

行き先は金沢港クルーズターミナル。

お目当てのパフェはこれ。

水色のパフェ

ソフトクリームもゼリーも塩味なの。

だけど絶妙に美味しい。💕

海を眺めながら、の~~~んびり。

ああ、幸せだなと浸っていたら、唐突に名前を呼ばれた。

声の主を見て、ポカンと口を開けてしまった。

なぜって、その人とはつい昨日、電話で話したばかりだったから。

それも5年ぶりくらいに。

5年の空白があったのに、昨日の今日で、ばったり会うって・・・?

向こうもびっくりしていたので、「お茶しませんか?」と私からナンパした。

懐かしかった・・・。

以前、大きなプロジェクトでご一緒させてもらったが、私がトレーナーを辞してからは、もうお会いする機会もない・・・と思っていたから。

その後の状況や、他のみなさまの近況など、話がはずんだ。

いろいろなことが思い出されて、当時の情熱と興奮がよみがえったかのようだった。

水色のパフェが食べたい・・・と思わなかったら、金沢港まで来ることを面倒だと思ってしまっていたら、こんな時間は持てなかった。

だから12月1日の奇跡は、懐かしい人との邂逅。

この方と一緒に取り組んだプロジェクトはこちら↓

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。