人は変化する。だけど相手の変化は許せない。

沖縄在住の青年実業家のつぶやき。

嘘つきを許せないですか?

大人になるって、嘘つきを許すことですよ。

どんな背景でどんな状況で出てきた言葉かは分からないが、あーーー、本当にそうだな・・・と思った。

ただし、嘘つきとは、故意に虚偽を述べる人のことではない・・・、私の中では。

そんなのは論外で、小さな子どもならまだしも、大人の所業ではない。

私にとっての嘘つきとは、以前の言葉をひっくり返す人のことだ。

 

いや、だった・・・と訂正しておこう。 昔はメクジラ立てていたが、今はけっこうスルーできるようになったから。

 

いわゆる”嘘つき”に対して厳しい人は、一定数いる。

1ヶ月前は、確かに○○だと言ったのに、今の言葉は、矛盾するよね?

1年前は△△とどや顔で説いてたけど、今は真逆の意見なの?

あれ?5年前に言ったこと、もう忘れた?

言質を取る・・・、つまり人の言ったことをいつまでもしつこく覚えていて、それが永遠に続くと思っている。

『人は変化する』ことを、認めない。

・・・そんな態度。

 

子育ての場面でも、夫婦の会話でも、学校でも、職場でも、師弟関係でも、友人関係でも・・・、よく出てこない、そんな態度?

『あの時、○○って言ったよね!』

 

だけど、これ、自分が言われると、けっこうキツい。

だって、人は変化する生き物だから。

1ヶ月前に○○だと思っていたことは本当だとしても、時間が経って気持ちが変わることなんて、いっぱいある。

 

モノとの関係性で考えれば、分かりやすいかな。

店頭で見つけた、素敵な夏のワンピース。

これよ、これ!私の好みにドンピシャじゃない。こういうのを探していたのよ!

大喜びで手に入れて、毎日のように着倒して、とってもハッピーだった。

だけど秋がきて、衣替え。

再び夏が巡ってきた時に、ふと感じる違和感。

前の夏ほどときめかない・・・。

そんなに毎日、着たいとも思えない。

どうして?

ドレス

それは、ワンピースが変わったわけじゃない。

自分の気持ちが変わったのだ。

だって人は変化する生き物だから。

日々、いろいろな刺激を受けて、考えて、感じて、どんどん進化していく。

こっちのほうがいいな・・・と思う情報に、常にアップデートしていく。

たかが着る物の好みですら、1年で変わってしまう。

ましてや思考や感情だったら、なおのこと。

 

意見や言葉や主張が変わることは、悪いことではない。

そういうものなのだ。

問題は、それを受け入れられない頑なさ。

相手の言質を取り、それに固執するのは、変わることを許せない自分の心の裏返し。

なんで変わるのが許せないのか、・・・そこにきっと貴方のブロックが隠れているよ。

 

自分だって、日々、変化している。

変わっていくのは止められない。

それは『嘘』ではなくて、単なる変化なのだ。

大切なのは、今、この瞬間の貴方、そして私。

今、この瞬間、感じていること、そして考えていること。

昨日と全く違うことを言う人に出会ったら、カリカリしないで、つぶやいてみよう。

『これは嘘じゃなくて、変化なんだ』・・・と。

そして、しなやかに受け入れてみよう。

相手の変化を・・・、そして自分の変化も。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。