羨ましいなら、自分も同じことをやれば、いいんだってば!

心理学の師匠・長谷川泰三氏が教えてくれたこと。

「人は自分が自分に禁止していることを、いけしゃあしゃあとやってのける相手に腹が立つ」

これは鉄則だと、何度も言われた。

 

私たちにはそれぞれ、たくさんの禁止事項がある。

時間に遅れてはいけない。

約束は守らなければいけない。

わがままを言ってはいけない。

感情を爆発させてはいけない。

人に迷惑をかけてはいけない。

男は泣いてはいけない。

女は愛想良くしなければいけない。

自分のことよりも、家族を大切にしなければいけない。

・・・まあ、どれもそれなりに社会の認知を得ている項目だけれど、禁止の強弱は人によって違う。

絶対ダメだと思っている人もいれば、そこまで厳しくない人もいる。

だけど誰かが犯した禁止事項を見過ごせないのは、どちらも同じ。

時間に遅れることは、相手の時間を奪うことになる。

だから絶対に許されない・・・と固く信じている人は、「ごめんね~~、出がけに電話がきちゃって」とヘラヘラ謝る相手が許せない。

下に弟か妹が生まれ、それまで独占していた親の愛情が半分になった(と感じた)。

私はお姉ちゃん・お兄ちゃんだから、我慢しなくてはと、幼心に誓った人は、大人になっても我慢しがち。

自分の要求をストレートに出してくる人に、イライラする。

人に迷惑をかけてはいけないと言われ続けた子どもは、なんでも1人でしなければ・・・と思う。

その結果、窮地に陥っても「助けて」の一言が出ない。

困った時はお互い様・・・が自分だけには当てはまらず、信頼関係を築くのが苦手で、そのことでさらに傷つく。

 

だから自分ができないことをサラッとこなし、超えられないハードルをいとも簡単に飛び越えて行く人が羨ましい。

いや、羨ましいを通り越して、妬ましくすらある。

イライラの発生源は、この妬ましい気持ち。

 

だけど、その禁止事項を貴方に課したのは、いったい誰?

甘えてはいけないと決めたのは、誰?

弱音を吐いてはいけないと決めたのは、誰?

頼まれたら断ってはいけないと決めたのは、誰?

できない自分もOKと認めてはいけないと決めたのは、誰?

好きなものは好き、イヤなものはイヤと言ってはいけないと決めたのは、誰?

深呼吸

そうだよ、羨ましいと思う相手と同じこと、やってもいいんだよ。

禁止しているのは、他でもない自分自身なのだから。

自分でかけた呪いを解けるのは、自分だけ!

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。