影(シャドー)の言動にイラッとくる理由 

影、影、影。

シャドー、シャドー、シャドー。

概念としてずっと追ってきた。

影とは、私が生きてこなかった可能性の全部。

私が選ばなかった可能性の全部。

私の外側の全部。

 

・・・つまり、他人はみんな影。

「影」という言葉には、ネガティブなイメージがあるが、別に悪いものじゃない。

自分と違うということ。ただそれだけ。

自分とは違う視点がある。

自分とは違う考え方がある。

自分とは違う感じ方がある。

その違いを見せてくれるのが、影たち。

そこに善悪はない。

自分と似たものであれば、自分で認識できるが、違うのであれば自分ではよく分からない。

だから影が、わざわざ神経に障る言動で教えてくれる。

 

だけどどうして影の言動に、こうまでイラつくのだろう?

それはね、実は自分の中にも同じ物があるから・・・。

そしてそれを認めたくない。

そんなものをわざわざ見せてくれる影・・・、確かに不愉快極まりないね。

 

重ねて言うが、相手が悪いわけではない。

同じ言動に、イラッとする人もいれば、無反応の人もいる。

影に反応するのは、巧妙に隠している自分の本心が暴かれるような気がして、神経が逆なでされるからだ。

心の奥の大事ななにかに、チクッと刺さるからだ。

自分の側になにもなければ、影に反応しないはず。

反応の裏には、必ずなんらかの原因がある。

たいていは押しつぶした自分の気持ちだけれど。

 

だからイラっときた時は、チャンス。

影が見せてくれているのは、自力では見ることができない自分自身だ。

なぜその言動にイラッとくるのかを丹念に掘り下げていくと、自分でも知らなかった本当の欲望が見えてくる。

大人の振る舞いにふさわしくないと、押し込めてしまった感情。

本当はやってみたかったのに、きっと無理と背を向けてしまった後悔。

いい人だと思われたくて、嫌われたくなくて、無視してしまった自分の心。

寂しかった、悲しかった、悔しかった、羨ましかった、こっちを見て欲しかった、チャレンジしてみたかった、失敗してもいいよと言ってもらいたかった、人気者になりたかった、諦めたくなかった、丸ごと受け止めてほしかった、堂々と好きだと言いたかった、愛されたかった・・・そんな諸々を、影たる相手が目の前で展開してくれる。

 

イラッとするのは、そういう気持ちを認めることを、自分が自分に禁じているから。

人は自分が禁じていることを、イケシャアシャアとやってのける相手に、怒りを感じる。

影に怒りを感じるのは、自分が我慢していることを、影は我慢していないから。

自分が自分に禁止していることを、影はいともなげにサラッとやっちゃってるから。

屈折した感情が反映される。

私は我慢してるんだから、貴方も我慢しなさいよ・・・と。

 

気づいてよ!

内から湧き上がる、その小さな叫びに耳を傾けて。

 

自分のことがを、もっと分かりたい?

ならば影をよく見よう。

見たくなくても、目を背けないで。

自分が投影していることを、影がつまびらかにしてくれるよ。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。