共通の敵を持つことで仲良くなったとしても…

共通の誰かを攻撃することで、連帯感を感じる。

同じ気持ちなんだ…と、一気に親しくなったと嬉しくなる。

そして悪口はどんどんエスカレートして、本来の攻撃理由を遙かに超えていく。

 

でも、それ違うから。

貴方とその人は、ちっとも親しくなっていない。

この人のことが好きだなぁ…と近づいたわけではない。

相手も同じ。

悪口を共有できる、共通の敵を攻撃して鬱憤を晴らせる…、ただそれだけ。

 

じゃあ、もしその共通の敵がいなくなったら、どうなる?

攻撃ではなくて、世界の美しさや、人の尊さや、生きる希望や、友情や愛や悦びで、同じように盛り上がれる?

 

共通の敵を得て、味方ができたと思うのは、勘違いだよ。

 

誰かを攻撃する時、脳内に快楽物質が放出される。

ドーパミンというやつ。

だから攻撃すればするほど、気持ちがよくなり、高揚してしまう。

特に正義の鉄槌を振り下ろす時、ドーパミンはいっぱい出るらしい。

相手の非を正してあげる私…に酔う。

ネットで匿名で叩いたりするのと、同じこと。

最初はちょっと叩いてみただけなのに、ドーパミンが出ちゃって、どんどん興奮状態になり、やめられない。

 

目を覚ましてね。

脳の仕組みのせいでもあるんだけれど、誰かを攻撃することで得た友人は、本当の友人ではないから。

 

それよりも、この人は私と全然違うから面白いとか、新しい視点を見せてくれるとか、共通の興味があるとか、同じ方向を目指しているとか、なんだか妙に惹かれるとか、そんな理由で親しくなる人とのほうが、きっといい関係が紡げると思うよ。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。