片づけと収納は違う 減らさなけらばラチがあかない

母の家の断捨離を始めてから1ヶ月半。

全エネルギーをつぎ込むわけにはいかないので、週に1~2回の作業に留めている。

それだけでも、いったいどれくらいの不要物を、処分しただろうか。

片づけをする時、床にある物を棚に置いたり、散らばっている物を箱やバスケットにまとめたり、見える所にある物を押し入れやクローゼットに押し込んで視界から消したりしても、リバウンドしやすい。

それは単なる”移動”であって、物の量自体は変わっていないから。

減らすこと、軽くすること、家から出すこと、それが片づけなのだ。

家の総重量が1グラムでも軽くなっていなければ、見た目が変わっただけで、片づけたことにはならない。

場所を移動して見た目を整える行為には、ちゃんと名前があって”収納”と言う。

収納も大切だけれど、労力を無駄にしない順番がある。

 

片づけ → 収納

 

そう、まずは片づけてモノを減らしてから、収納するのがお勧め。

でも収納片づけって、混同しちゃうよね。

母もしょっちゅう言うよ、「要るかもしれないから、この箱に入れておいて」と。

リビングには、そんな箱がいっぱい。

食卓の上にも、ローテーブルの下にも、ソファの後ろにも。

その一時置きのはずの箱が、雑然とした印象を与えるのは否めない。

よし、今日は、コイツをやるか。

・・・で、手始めにローテーブルの下のリンゴ箱を引っ張り出した。

中身は全部紙類。

やっかいなアイテムだ・・・。

ほとんどがチラシやパンフレットやカタログだが、中に時々、年金や保険のお知らせとか、大切な書類が混じっているから、ガサッと捨てられない。

1枚、1枚、チェックしながら、要・不要に分けていく。

作業は私がするが、横に座った母に「これは?」、「じゃあ、これは?」と時々お伺いをたてる。

自分で判断してもらいたいというのもあるが、後から「娘が勝手に捨てた!」・・・とむくれられないための転ばぬ先の杖でもある。

娘が断捨離した・・・のではなく、一緒に片づけたと感じてもらいたいし。

だが母の集中力は長くは続かない。

30分ほどしたら飽きてきて、気もそぞろになり、挙句の果てにテレビのスイッチオン!

韓流ドラマの時間だとのこと。😅

そっか、では今日はここでお終い。

本日の漁獲高。

断捨離

少なく見えるけれど、重いよ。

ためしに計ってみたら、7.5キロもあった。

つまりこの日、7.5キロ分の不要物が、母の家から出て行ったことになる。

正真正銘の片づけだ。

でも母の中では、片づけも収納も大差はないらしい。

先週、私が空っぽにした棚に、またぞろごっそり空容器が並んでいたし・・・。

その棚自体を無くそうと目論んでいる私としては、かなり残念だったが、まあ、仕方ない。

負けないわ!

 

何十年も開けていかなかった折敷(茶道で使うお盆)の箱の中に、たいそう古い新聞が入っていた。

箱の底に敷いてあったものだが、セピア色に変色している。

古新聞

すごく違和感があると思ったら、横書きが逆向きだった。

当用漢字じゃない文字もいっぱい。

日付を確認したら、大正8年7月27日。

102年前の新聞!😲

私には無用の長物だけれど、学術研究などで役立つのかなぁ・・・。

古文書

こんな書き付けも。

何が書いてあるのか全然分からないが、現在は金沢市にある石川県庁は、七尾市にあったらしい。

古文書とまではいかないまでも、こういうのも誰かのお役に立つかしら。

(古新聞1枚と書き付け、欲しい方がいらしたら、差し上げます。)

柚子

今年も母の家では柚子がたわわに実っている。

秋の空に映えて美しいなぁ・・・と、晴々した気分とゴミとともに、実家を後にした。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。