映画【マスカレード・ナイト】 刑事とホテルウーマンのコンビ再び

2年半前に公開されたマスカレード・ホテルの第二弾。

同じ場所、同じ登場人物、同じ原作者。

一流ホテルに殺人予告が入るのも、未然に食い止めようと警察とホテルがタッグを組むのも、お客様に気づかれないよう秘密裏に動くというのも同じ。

さて、では前作とは何が違うのか?

【マスカレード・ナイト】のストーリー

東京の超一流ホテル、コルテシア。

大晦日の夜に年越しカウントダウンパーティが開かれる。

その名もマスカレード・ナイト。

参加者は500人。

参加条件は、仮装をしてくること。

だがこのパーティに殺人犯が現れると密告が入った。

正確には殺人予告ではないが、犯人の目星すらつけられない警察にとっては、千載一遇のチャンス。

人が死んでからでは遅い・・・と、渋るホテル側を説き伏せ、潜入捜査が始まる。

ホテルにはお客さんが、続々とやってくる。

一体だれが殺人犯なのか?

疑ってかかるのが仕事の警察官と、なにがあってもお客様を信じるのが仕事のホテルマン。

ふたつの価値観がぶつかりあう。

刑事の新田浩介(木村拓哉)とコンシェルジュの山岸尚美(長澤まさみ)の間で。

 

ホテルにいらっしゃるお客様は、みんな仮面をつけている。

その仮面を守ってさしあげるのが、ホテルマンの仕事。

だがその仮面の下に、殺人犯の顔が隠れているかもしれないのだ。

誰が殺人犯なのか、誰が狙われているのか、なにも分からない中で、何を信じ、何を疑えばいいのか。

2年前のマスカレード・ホテルでは、互いの信念を主張しあう新田と山岸だったが、今回はそれぞれの矜持を保ちながらも、相手の立場に理解を示す。

 

お客様の要望には、たとえそれがどんな無茶なものであっても、決して無理だとは言わない山岸。

だが最後の最後に、彼女の口から「無理です」が。

そのセリフがふるっているから、これから観る人はどうぞお楽しみに。

マスカレード・ナイト
(C)2021 東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

木村拓哉のタンゴ

タンゴの短いカットが何度も挿入される。

キレッキレの動きに、最初、代役かなと思ったが、公式HPでは木村拓哉本人が踊っているとのこと。

アイドルなのでダンスはお手のものかもしれないが、タンゴは難しいはず。

練習したんだって。

俳優って、ほんとすごいな・・・。

重厚な音楽もムードがあって、なかなかいい。

Chikakoの感想

キムタクの映画は、なんで酷評されるのかな。

マスカレード・ナイトは、あまり評判がよくないと聞いた。

でも私は2時間、十分に楽しめたし、映画の一番の魅力は面白かった!と言えるかどうかだと思う。

もしかして成功者へのジェラシー?

デビューしてから33年。

いい加減に認めようよ、キムタクはかっこいいと。

 

加えて、ホテルコルテシアのどっしりと落ち着いた雰囲気、パーティ会場の華やかさ、ホテルの表側と裏側の対比、木村佳乃の豹変ぶり、沢村一樹の我が儘三昧、小日向文世の仮装のキュートさなど、見所はいっぱいある。

今回も明石家さんまさんが友情出演している。

前作では見つけられなかった人もいたようだが、今回はすごく分かりやすいよ。

前作の【マスカレード・ホテル】のレポート

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。