金沢市・兼六園と石川門の桜が満開です!

私がまだずーーーーーーーーっと若かった頃、お花見や紅葉狩りに行く人の気が知れん・・・と思っていました。

満開の桜や見事な紅葉、確かにきれいだとは思いますが、普段、花や草木にたいして興味もないのに、こんな時だけ大挙して見に行くのは、どうよ?・・・と。

若かったね~~~。

今なら分かるよ。

毎年巡ってくるとはいえ、1年に1度の美しい艶姿。

普段、花や草木にたいして興味がなくても、人はその生命の輝きをただ見たいのです。

誰だって、美しい物は見たい・・・、ただそれだけ。

なにかに到達したり達成したりする目的はありません。

桜の下を歩くこと、自然の美しさに浸ること、四季の移り変わりを感じること、それ自体が目的なのです。

金沢も開花宣言からほんの数日で、満開となりました。

こんなに早かったっけ?

でも満開になっちゃったんなら、行ってこなくちゃ!

・・・ということで、兼六園に向かいました。

平日だというのに、兼六園の周辺道路は大混雑。

そうそう、みんな見たいのよね~~、日本三名園の桜。

なんとかコインパーキングに空きを見つけ、すかさずピットイン。

では、ご堪能ください、石川県が誇る兼六園の桜を!

兼六園

園内の曲水を覆うピンクの空。

今はピンクですが、5月になると、花菖蒲で紫に染まります。

兼六園

根上がりの松の背景も、ピンク一色。

兼六園

桜はないけれど、日本武尊の銅像。

銅像・・・といえば、鳥の落とし物で汚れているものですが、兼六園の日本武尊には鳥が近づきません。

精銅の技術がまだ未熟だった頃の作品なので、ヒ素や鉛の含有率が高いのが原因だそうです。

兼六園

ピンクの帯は、小さな花の集まり。

平和な世界は、心に平和を持つ民の集まり。

マスクをして、距離を取って歩いているけれど、本当はみんな、知らない人ともにっこり目を合せて、きれいね・・・と感動を分かち合いたいのでは?

兼六園

随所に残る石垣に、歴史を感じます。

なんたって前身の蓮池庭は、1676年(延宝4年)に造園されたというのですから、350年近く経っています。

兼六園

霞が池の向こうに唐崎の松。

大学生4人のグループが近くにいて、そのうちの1人が「ただの池じゃん!」と言い放ち、大人げないけど、むっとしました。

池は池でも、350年前の池ねんぞ!・・・と教えてあげたかったな。

こういうのも郷土愛と言うのでしょうか。(o^^o)

兼六園

池の上に張り出した唐崎の松は、冬の雪吊りでも知られています。

雪の重みで枝が折れないように、縄で補強するのですが、その幾何学模様が美しいと評判です。

兼六園

シャッタースポット、ことじ灯籠。

通常ならば、撮影待ちの人で近寄れませんが、今日は楽勝。(横からですが)

兼六園

では桂坂口から、金沢城公園方面へ向かいましょう。

石川門

兼六園を出たら、目の前にどーーーーん!

石川門です。

門の向こうは、金沢城公園として整備されています。

その昔、金沢大学は城壁の中にありました。

お城へ通学って、素敵ですよね。

石川門

石川門へと続く橋の下は、幹線道路。

ピンクの道を走るドライバーも、多少、渋滞してくれたほうが、内心嬉しいかも・・・。

 

兼六園は無料開放中でしたが、例年より、人出は少ないと思いました。

地元民に混じって、県外から遊びに来てくれた人の姿もちらほら。

桜の下を歩く人たちは、総じて穏やかな優しい表情をしていました。

美しいものは心を和ませてくれます。

こんな夢みたいに美しいピンクの世界で、プリプリ怒ってなんていられませんからね。

笑顔っていいね。和やかっていいね。春っていいね。

ブログ仲間のさわこさんも、兼六園の桜をレポートしています。
さわこさんのブログ

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。