貴方の人生を生きるのは貴方だけ

憧れの人はいますか?

なぜその人に憧れるのですか?

多くの場合、憧れの人は自分が欲しいと思っている特性を備えています。

職業だったり、家柄だったり、ルックスだったり、学歴だったり、スキルだったり、結婚相手だったり、経済力だったり、人望だったり、性格だったり…。

なぜあんなにキラキラ輝けるのだろう。

なぜあんなに人に愛されるのだろう。

なぜあんなに全てが上手くいくのだろう。

どうして天はあの人には二物も三物も与えるのだろう。

憧れの人

自分が強く望む特性を持つ人に、私たちは強烈に引き付けられます。

そしていつしか、その人を、自分の上に置きます。

その人は素晴らしい、それに比べて自分は劣っている…と相手を見上げてしまう…。

横の関係ではなく、縦の関係を築いてしまうのです。

 

確かに自分にはないものを持っている人は、存在するでしょう。

でも忘れないで。

そのキラキラ輝く憧れの人も、私たちと同じ一人の人間だということを。

悩みも悲しみもそして欠点もある、同じ人間だということを。

持てる能力や性質に違いはあっても、それが人としての価値を決めるのではないことを。

 

自分の人生の操縦席に、他人を座らせてはいけません。

…たとえそれがどんなに素晴らしい人だとしても。

 

私たちにできるのは、人が持っているものを羨んで、拗ねることではなくて、今、自分が持っているものをどう使うかにフォーカスすること。

自分の手に何があるか、ちゃんと知っていますか?

人は自分の持っているものを過小評価する傾向があります。

取るに足らない、くだらないものと思っているかもしれませんが、それをいいなぁ…と思っている人も、実はいることを知ってください。

大事なのは、何が与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかなのです。

生き方

貴方の人生の舵をきるのは貴方。

貴方の人生を一番大切にできるのは貴方。

貴方の人生を生きるのは、この世にたったひとり、貴方だけ。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。