虹の橋を渡ったニャンコを想って泣く君へ

11年一緒に暮らしたニャンコが虹の橋を渡ってしまい、悲嘆にくれてさめざめと泣く君。

出会って間もない私の前で、鼻の頭を真っ赤にして涙をこぼす。

たかがネコ…とあしらわれるのが怖くて、ずっと大丈夫なふりをしていたけれど、本当は悲しくて悲しくてたまらなかった…と。

その悲しみをぐっと押さえつけていたら、ある日、めまいと頭痛で動けなくなった。

身体は本当に正直で、これ以上、苦しみをためこんだらパンクしちゃうよ…と教えてくれている。

なんとか乗り越えなくちゃ…と心療内科を探してみたけれど、2カ月先まで予約がいっぱい。

自治体の心の相談窓口に電話をしてみたら、新しい猫を飼うことを勧められた。

違う、そうじゃない、聞きたいのはそんなことじゃない!

君の苦しみをたまたま私が知り、私も愛犬を失くしたことがあるので、「気持ち、分かるよ」と言ったら、ギリギリの所で持ちこたえていたダムが決壊した。

あふれだす悲しみ、涙、後悔…。

君が欲しかったのは、立ち直るためのアドバイスじゃなかった。

ただ悲しいんだ…と、後悔しているんだ…と、可愛かったんだ…と誰かに話したかっただけ。

天涯孤独の君には、悲しみを共有できる家族がいなかった。

そしてこんな話、誰も聞きたくないだろうと遠慮して、友人にすら連絡していなかった。

でも友人は、きっと憤慨すると思うよ。

そんなに悲しい時にこそ、どうして連絡してくれなかったのかと。

猫

そのニャンコは、神社に捨てられていた猫だった。

神社にはすでにたくさんの猫が飼われていたので、君が引き取ることにした。

宮司の奥さんと一緒に名前を考えていた時、たまたま参拝に来た外国の人のかっこいい名前をもらった。

それから君とニャンコは、ずっと一緒だった。

人生の苦しい局面を迎えた時、ニャンコはいつもそばにいて、君を支えてくれた。

大好きだった。愛おしかった。大切だった。

そんなニャンコが体調を崩し、君はかかりつけ医を変えた。

でも変えなかった方がよかったのではと、ずっと後悔している。

ニャンコが自力で登れなくなったビーズのソファを、無理してはい上らないように…と、撤去した。

でも気に入っていたのだから、撤去せずに、その都度、抱え上げてあげればよかった…と、君は悔やむ。

だけど、そんな後悔は無用だ。

君はその時できる最善を尽くしたのだし、ニャンコはそんなことを恨んでいない。

他の人に飼われていれば、死なずに済んだのでは…とまで言う。

そんなことはない。

君に飼われてニャンコは幸せだった。

こんなに愛されて。こんなに大切に思われて。こんなに惜しまれて。

拾われた時はすでに大人だったから、ニャンコの正確な年齢は分からないが、もう寿命だったのかもしれない。

ニャンコの死は、君のせいじゃない。

君はいっぱい可愛がった。精一杯愛情を注いだ。大切に愛おしんだ。

それが全てじゃないか?

ニャンコの写真を見せてもらったら、捨て猫だったとは信じられないほど、美しい猫だった。

艶々の毛並みに満足しきった表情。

君のそばで心底リラックスしている。

どこからどう見ても幸せな猫じゃないか!

猫

二人で声に出して言ってみた。

「〇〇は幸せな猫だった。」

口に出すそばから、君の瞳に涙がこみ上げる。

「〇〇は幸せな猫だった。」

そうだよ、泣いていいんだよ。

ああ、私はこんなに悲しいんだ…と認めていいんだよ。

そして気づいてね、こんなに悲しいのは、君がいっぱいいっぱい愛したからなんだよ。

きっとニャンコは今、天国から見下ろして、「そんなに泣かないで~~」と、大好きな君のことを心配していると思うよ。

猫

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。