映画「今夜、ロマンス劇場で」 触れられない相手を人は愛し抜けるのか

胸きゅん…という言葉が、一番しっくりくるかもしれない。

こんなにも甘酸っぱくて切ない感覚を、ついぞ忘れていた。

映画館の予告で、観たいな~~と思っていたが、上映期間中に足を運ぶことができず、そのままになっていた映画「今夜、ロマンス劇場で」を、ネット配信で鑑賞。

ちょっと陳腐な言い方だが、胸がキュンキュンしてしまった。

あり得ない設定のあり得ない恋、そして結末。

色鮮やかな二人の時間、一度は手放そうとしたのに諦めきれず…、そして流れる穏やかな日々。

2時間のファンタジーに迷い込んだような気がした。

今夜、ロマンス劇場で

舞台は昭和、高度成長期の頃だろうか。

映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)。

行きつけの映画館の映写室で古いフィルムを見つける。

再生してみると、なんともお粗末なB級映画。

設定も登場人物もストーリーも支離滅裂だ。

だが健司は、スクリーンに映し出されるお姫様に心を奪われてしまう。

人々に忘れ去られた映画を、毎日見ていた健司に、ある日、奇跡が起こる。

映画の中のお姫様・美雪が、突然、目の前に現れたのだ。

美雪は健司を「おい、しもべ!」と呼び、お姫様のように振る舞う。

モノクロの世界しか知らない美雪に、健司はカラフルな世界を案内する。

横暴な美雪に振り回され衝突もするが、やがて二人は惹かれあっていく。

今夜、ロマンス劇場で

だが美雪には秘密があった。

人のぬくもりに触れると彼女は消えてしまうのだ。

それが健司のいる現実世界に来るための代償だった。

…キスすることはおろか、手をつなぐこともできない二人。

そんな時、美雪は、映画会社の社長令嬢が、健司に思いをよせていることを知る。

好きだから触れたい、…でも触れられない。

2人はこの現実にどう向き合い、どんな答えを出すのか。

今夜、ロマンス劇場で

とにかく映像が美しい。

緑の中に赤い傘とか、ピンクの中の黒とか、モノクロとカラーの世界の対比を際立たせる意図があるのなら、大成功だ。

今夜、ロマンス劇場で

そしてキャスティングがいい。

横柄で傍若無人な美雪、一緒にいたらイライラするタイプだが、なぜか憎めないのは、綾瀬はるかがとてつもなくチャーミングだからだろう。

透明感があって、コミカルで、大きな目が言葉以上に語りかけてくる。

さよならを告げようとする時の、素直で愛にあふれた表情といったら!

消えてしまうと分かっていても、どうして触れずにいられようか。

坂口健太郎は、こういうお人好しの役がよく合っていると思う。

陰のある人物や、ほとんど笑わないストイックな人物よりも、要領が悪くて、人に振り回されやすく、でもそれを受け入れてしまう優しい人が、ぴったりはまる。

照れたような笑顔が、すごく魅力的なのは、星野源に通じるところもあるような…。

今夜、ロマンス劇場で

二人が浜辺を歩くシーン。

前を行く年配のカップルが手をつないでいる。

あんな風に、手をつないで歩きたいな…、でもそれはできないんだ。

健司がそっとタオル(…のような物)を出して、その両端を二人で握って歩く。

直接触れ合えないけれど、せめて物を介して繋がっていたい…。

切なすぎて、目が潤む。

今夜、ロマンス劇場で

物語の終わり方は書かないことにする。

このエンディングをハッピーエンドと解釈するかどうかは、観る人に委ねられていると思うから。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。