冷蔵庫が牛乳まみれになったら、それは断捨離のチャンス!

我が家はあまり牛乳を買わないのだけれど、先日、お客様がいらして、コーヒーに必要かな…と、200mlのミニサイズをひとつ購入した。

コーヒー用だから、必要なのは、ほんの少し。

残りはパックのまま、冷蔵庫に戻した…、誰かが

昨晩寝る前、お茶を飲もうと冷蔵庫を開けたら、扉上部のポケット部分が水浸し…じゃなくて牛乳浸しになっていた!

チューブの上に無造作に牛乳を置いたのか、扉を閉めた反動で、パックが倒れたらしい。

封を切っているんだから、倒れれば、そりゃ、液体は流れ出るよね。

牛乳は上部ドアポケットから、下段のポケットへ、さらには冷蔵庫の外にまで滴っている。

牛乳

誰よーーーーー!こんなことしたのは!!!

え~~、誰かなぁ…と、とぼけている、そこの君。君だろ、君!

だが犯人を検挙する前に、今現在、刻々と滴る牛乳をなんとかせねば。

すでに布巾で拭くとかのレベルではないので、ドアポケットの中のモノを全部取り出し、ポケットを外して、丸洗いした。

もう夜中なのに、なにが悲しゅうて冷蔵庫を洗ってるわけ、私は…。

でも転んでも、ただでは起きないぞ。

せっかくだから、ドアポケット内部の断捨離だ!

…判断基準は、使えるか・使えないかではなく、使うか・使わないか。

ドアポケットに入っているのは、ビンやチューブに入ったソースや調味料が多い。

これは意外と盲点で、賞味期限切れの巣窟になり易い。

チェック、チェック、チェック。

よし、今回は賞味期限切れはなし。

使わないモノはふたつだけ。

断捨離

残りをきれいに拭いて、ポケットに戻す。

以前より、少し品数が増えているかも…。

最近、料理のレパートリーが増えてるし、まあ、それもやむし。

少ないことが絶対ではなく、使っていないモノがまぎれていないことが大切なのだ。

かくて我が家の冷蔵庫、ドアポケットだけは、ただいまピカピカ。

冷蔵庫

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。