令和の時代は、これまでの人生で培ったものを還元したい…

平成が令和になる瞬間、心静かに瞑想をして過ごそう…と思いました。

残り10分を切った時、お祝いムード一色のテレビも消して、座禅を組みました。

瞑想の基本は、なにも考えないこと。

呼吸に意識を向け、頭の中を空っぽにし、ただただ今・ここ・自分を感じることです。

ですが今回はちょっと勝手が違いました。

目をつぶって間もなく、私をとりまくたくさんの人たちの顔が浮かんできました。

家族、親戚、友人、仲間、ママ友、かつての受講生さん、ご近所さん、仕事仲間、業者さん…。

順不同で浮かんでくる人たち。

平成時代、私と関わってくれた人たち。

そこで彼らを頭から追い払うのではなく、ひとりひとりに感謝を伝え、その幸せを祈ることにしました。

祈り

〇〇さん、ありがとう。

▽▽さん、あなたの行く道が幸せでありますように。

☆☆さん、あなたの幸せを祈ります。

主にこの3パターンですが、頭に浮かんでくる人、ひとりひとりに丁寧に伝えました。

…こんなことをしたのは、実は初めてです。

祈る瞑想をしたらいいよ…と、聞いた覚えも、読んだ覚えもありません。

ただそうしたかっただけ。

何人の幸せを祈ったでしょう。

気が付いたら、30分以上が経過し、時代は令和に変わっていました。

たぶん、これを読んでくれている貴方のことも、祈ったかも…。(^^)/

おめでとう

明けて令和元年5月1日。

改元と同時に還暦を迎えた夫が、朝食の席で言いました。

「自分は昭和を30年、平成を30年生きてきた。

親父の寿命が91歳だったから、同じだけ生きるとしたら、あと30年。

自分にとっての昭和は成長期、平成は充実期だった。

令和は、これまで自分が培ってきたものを、社会に還元する時代にしたい。

最後の30年は、人生の円熟期にしたい。」

それを聞いて、とても嬉しくなりました。

なぜって、私も同じようなことを考えていたので。

これまでの私の経験やそこから得たものが、誰かの希望や勇気になればいい…。

自分の辛かったことや苦しかったことが、誰かの役にたてば、こんなに嬉しいことはない。

人は変われる、いろいろあっても超えていける、大丈夫なんだよ…というメッセージを伝えたい。

 

たぶん、夫の還元の仕方と私のやり方は、違うでしょう。

対する人や場も、違うと思います。

でも根底に共通の想いがあるのなら、私たちは同じ方向を向いて、これからも生きていけます。

 

新しい時代、社会も私たちひとりひとりも、大きく変わっていくでしょう。

でもそれは競ったり戦ったりするためではなく、個人が真実の自分を生きるため。

みんな違って、みんないいを実現させるため。

 

私たちには想像もつかない様々な辛苦を乗り越えて、皇后になられた雅子様。

その輝く笑顔を見ながら、そう思いました。

皇后陛下

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。