究極の愛とは、罪の共有~Nのために・湊かなえ著

ドラマ版の再放送をチラッと見て、ストーリーが思い出せないなぁ…と、再読した。

究極の愛とは、罪の共有。

共犯ではなくて、共有すること。

その罪に自分は加担していなくても、真実を知っていて、一生そのことは口にせず、黙って離れる…、当人を守るために。

当人は守られていることすら知らない…。

それが究極の愛。

Nのために

希美、望、西崎、野口、成瀬、奈央子、野原…、登場人物はみんなイニシャルがN。

Nは誰かにとって、とても大切な人。

誰が誰のNかが曖昧なまま、それぞれが少しずつ嘘をつく。

自分の大切なNを守るために。

その小さな嘘が幾重にも折り重なって、悲劇が起きる。

野口と奈央子の死。

誰も直接、その瞬間を見ていない。

みんながそれぞれ嘘をついているので、誰も事件の全貌は知らない。

罪を認め、ひとり逮捕される西崎。

手を下したのは彼ではない。

…誰もが薄々そう感じていた。

なぜ西崎は、わざわざやってもいない罪を認めたのか?

なぜなんの弁明もせずに、服役したのか?

なぜ出所後も、ずっと口をつぐんでいるのか?

自分のためではない。愛するNのためだ。

Nのために

身体中、傷だらけになりながら、奈央子はなぜその状況を甘受しているのか?

それがNの愛を受け止めた証だと思っているから。

希美、望、西崎は、なぜボロアパートを守るために奔走したのか?

天涯孤独のNに、家族のような愛情を感じていたから。

希美はどうして「巻き込みたくない」と距離を置こうとするのか。

一重に上昇志向の強いNの邪魔をしないため。

いびつな形かもしれないけれど、みんな動機は愛なのだ。

そして自分のNに対して、自分の想いをはっきり告げない。

だからNたちは、自分が何をしてもらったのか、分かっていない。

複雑に絡まった糸が少しずつほぐされて、本当は何があったのかが明らかになってくる。

動機が愛だけに、それぞれの嘘が仇になっていたことが、哀しい…。

私が読み落としてしまったのか、料亭さざなみに誰が火をつけたのかが、断定されていない。

あとは読者におまかせ…ということか。

Nのために

表紙にも描かれている籠の中の鳥がキーとなる。

西崎が書いた、お世辞にもうまいとは言えない、小説「灼熱バード」。

熱せられたオーブンに自ら飛び込む鳥は、愛の形だと西崎は言う。

それを一番理解できたのは、誰なのか。

もしかしたら西崎が思っていたNとは、違うNだったのかもしれない。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。