1年の終わりを断捨離で〆る習慣

リビングの窓のすぐそばに、ヒマラヤスギがあるのだが、そこにシジュウカラが巣を作り始めた。

昨日から、2羽が入れ替わり立ち替わり、あたりを伺いながら、梢にやってくる。

小さな口ばしに、巣材をくわえている姿がなんとも可愛らしい。

家に居ながらにして、シジュウカラの子育てを見られるなんて、なんとも楽しみで仕方がない。

個体差はあると思うが、ほんのり青味がかった羽の色。これが青い鳥?

幸せの青い鳥は、どこか遠い所ではなく、自分にの足元にいると言うが、我が家の場合は窓の外にいる。

驚かせたくないので、今は写真は控えよう。

願わくば、カラスやトンビの目にとまりませんように。

シジュウカラ(出展: Petpedia)

 

さて、シジュウカラが巣作りで忙しい頃、関東に住む我が娘も、巣の整理に勤しんでいた。

全ての試験が終わり、もう今度こそダメ、留年かも…を耳タコになるまで聞かされたが、めでたく進級が決まったその日、彼女は部屋を片づけることにした。

これは毎年の恒例行事。

学年が終わると、前年に使った資料やノート類を処分し、不要な教科書は下級生に譲り、ついでに衣類もごっそり断捨離する。

自分が勉強してきたノートなんて、後から必要になったりしないんだろうか…と、私は思うのだが、イマドキの若い子たちは、終わった教科は全て過去になるらしい。

潔いというか、クールというか。

そしてごっそりモノが減った部屋から、新たな1年をスタートさせる。

 

生きていれば、必ずモノは入ってくる。

だけど一旦入ったモノたちは、自分が決断して出さない限り、未来永劫、そこにいる。

入るばかりで、出ることがなければ、当然、その部屋はモノが溢れた、息苦しい空間となってしまう。

人のための部屋ではなく、モノのための部屋になってしまうのだ。

だから定期的に、出す機会を設けるのはとてもいいことだと思う。

新陳代謝は大切だからね。

母親として娘に伝えたかったことはたくさんあるが、1年の終わりにリセットをかける習慣は、その中でも上位にくるもの。

不要なモノは断捨離して、スッキリした空間からスタートする1年が、そうでない場合と比べ、明らかに違いを生むことを、すでに体得してくれているのが嬉しい。

さあ、私もリセットしよう。

断捨離
(ワンルームなのに、このゴミの量!)

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。