リセット/垣谷美雨著 となりの芝生はそれほど青くない

タイムスリップというとSFだと想いがち。

だが本書はタイムスリップを扱いながら、それはきっかけに過ぎず、”人生をやりなおせるとしたら?”がテーマだ。

もし高校3年生に戻って、もう一度人生をやり直せるとしたら、貴方はどんな選択をする?

知子は専業主婦。夢は女優だったが、高校の同級生と結婚して、平凡な暮らしを営む。

夫とは会話もほとんどなく、長男は引きこもり。

薫はキャリアウーマン。難関大学から一流企業に入り、独身で頑張ってきた。

だが母はその頑張りを一度も認めてくれたことがない。

地元で結婚し子育てをしている妹たちを、すごいと褒めちぎり、薫を憐れむ。

晴美は、東京で一人暮らし。

コンビニとスーパー銭湯のパートをかけもちして、ギリギリの生活をしている。

もし高校の時、あの男にさえ会わなければ…。

同級生の3人は、47歳の時、東京の物産展で、偶然再会を果たす。

高校時代はさして親しくもなかったが、同郷の懐かしさで、飲みに行くことに。

居酒屋「遠来の客」には、不思議なしかけがあり、30年前、つまり高校3年生にタイムスリップできるという。

現在の生活に満足できず、こんなはずではなかった…と思っていた3人は、30年の時をさかのぼり、新たな人生をスタートするのだ。

ただ外見は18歳でも、中身は47歳だ。

47歳の知恵や人生経験を駆使して、望む人生を手に入れようとする。

知子は女優になり、薫は知子の元夫と結婚し、晴美は地元の大病院の奥様に収まる。

夢がかなって、めでたし、めでたし。

リセット

…と思いきや、憧れていた職業や生活の内実は、そんなに甘くなかった。

そして3人は再び思い始める。

こんなはずではなかった…と。

晴美がうつむいてつぶやく。

「私…もう疲れた…人生に。」

 

そのまま15年が経過。その年、遠来の客がオープンする。(30年前、この店は存在していない)

待ちかねた3人は、早速店に押しかけ、もう一度タイムスリップしたいと願い出る。

だが店員は静かに言う。

「人生をリセットできるのは2度までです。」

つまりこれがラストチャンス。

しかも今度は高校3年生ではなく、最初の人生の47歳地点に戻る。

ふたつの人生を生きてきて、どっちの人生にも不満はあった。

順風満帆なバラ色の人生なんて、なかったのだ。

さあ、どうしよう…。自分はどっちの自分として生きたいのだろうか。

3人は選択する。

そして選択の結果を今度はきっちり引き受ける。

二通りの人生から学んだことを、最終的に選択した人生に生かしていく。

隣の芝生は青く見えるだけで、本当はそれほど青くない。

ならばしっかり自分の足元を見て、現実を生きよう。

リセット

さて、もし戻れるとしたら、何歳の時に戻りたいかな…と考えてみた。

何歳の頃が一番幸せだったか…というのではなく、何歳からやりなおしたいかということ。

あの時、あの学校を選ばなければ、他の学部にしておけば、アメリカに永住していれば、結婚と同時に仕事を辞めなければ…等々、思う所は多々あるけれど。

あえて言うなら、今の知識と経験と成熟を駆使して子育てをやり直したら、もっともっと子どもたちにとっていい母親になれると思う。

子どもと目線をあわせ、しっかり気持ちを聴き、受け止め、一緒に考え、彼らの好奇心ややる気の芽をつむような真似はしない母親に。

やり直したいことがあるとしたら、やっぱりそこかな…。

で、どこにあるんだろう、「遠来の客」。(^^ゞ

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。