コナ空港近くのカロコ・ホノコハウ国立公園で、ウミガメに出逢う

娘と二人旅、ハワイ島旅行記、続きます。

私は日本と逆の右側走行OKですが、娘はペーパードライバー。

普段でも、ちゃっかり助手席に乗る子なので、絶対、私だけが運転手になるし、土地勘もないため、レンタカーを借りるのはやめました。

空港から、ホテルのあるワイコロアまでは、約30キロ。

半日くらい、周辺を観光しながら、ホテルまで送ってくれるオプショナルツアーに申し込みました。

コナ空港まで白いバンで迎えに来てくれたのは、FUJITANIさん。

いい感じに日焼けしてアロハシャツがお似合いです。

私たちのほかに、もう一組、大阪からの親子連れも一緒に、まずは空港近くのカロコ・ホノコハウ国立歴史公園に連れて行ってもらいました。

要するにビーチですね。

カロコ・ホノコハウ国立公園

駐車場からビーチへ向かう道すがら、横の入り江を観光ボートが何隻も出航していきます。

イルカと泳ぐツアーやシュノーケリングに行くボートです。

カロコ・ホノコハウ国立公園

なんとこの入り江は、ダイナマイトで溶岩を爆破して、作った人工の入り江だそうです。

道端に、ノニ発見!

ジュースにしたら、すごく高価なのに、無造作に生えていて、実もなっているのに、だれも採らない…。

ノニ

ビーチでは、先客たちが、思い思いに寝そべったり、水遊びをしたり。

ほとんどのグループが犬を連れていました。

いいね、日曜日にワンコと一緒に海水浴。

ウミガメ

そしてウミガメ!

着いた早々、なんてラッキーな。

体長80センチくらいの大物でした。

ウミガメは保護されているので、6メートル以内に近づいてはいけません。

不用意に触ったりすると、罰金が発生するそうです。

馬乗りになって浦島太郎ごっこなんて、もってのほか!

遭遇率が高いのは、引き潮の時。

満ち潮になると、泳いでいっちゃうのだとか。

私が驚いたのは、こんな大きなウミガメがすぐ近くで日光浴しているというのに、他の海水浴客たちが、全然騒いでいないこと。

浜辺にハマグリがいる…程度の感覚なのでしょうか。

子どもたちでさえ、関心を示しません。

ウミガメとビーチをシェアすることが、本当に日常の普通のことだからなのだと思います。

日本だったら、多摩川にアザラシが出ただけで、大騒ぎになるのにね。

水の中には、小ぶりのカメも泳いでいました。

カメと出会うといいことがあると言います。

なんとも幸先のよいスタートです。

 

それにしても、なんというのか…、空気が軽い。

気温が高いだけでなく、陽光が明るいだけでなく、ハワイには人の心を緩める何かがあります。

存分に味わっておきたい…。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。