ドトールのコーヒープランテーション・マウカメドウズで花とコーヒーに酔う

ハワイ島旅行記、続きます。

ビーチを後にして、次に向かったのは、コーヒープランテーションです。

ハワイのコナコーヒーは有名で、焙煎体験をさせてくれるようなプランテーションもあります。

私たちが訪ねたのは、コナ空港からほど近いマウカメドウズオーシャン(Mauka Meadows)、ドトールの経営です。

日本にも、マウカメドウズのカフェがあるようですね。

ハワイのコーヒー農場は、たいてい小規模です。

それは限られた山の斜面をコーヒー畑にしているからで、栽培量が少ないため、コーヒーの値段も高めになります。

少ない農地を有効に使う日本の農業と、どこか似ているような…。

フラワーガーデンになっていると聞いていたので、期待がどんどん高まります。

マヌカメドウズ

本来は入り口(無人)の箱に、入場料5ドルを入れるようですが、私たちはツアーなので、FUJITANIさんにお任せです。

入口からはずっと、花の咲き乱れる下り坂。

さあ、行くよ、エアマックス

マウカメドウズ

見たこともない南国の花が咲き乱れています。

ロブスタークロウ

↑ロブスタークロウ(Lobster Claws)。ロブスターのはさみに形が似ているでしょ?

ヒスイカズラ

↑これはヒスイカズラ(Blue Jade)。

このなんとも言えない美しいグリーンが、自然の花だなんて。

ヒスイカズラ

名前は分からないけれど、きれいな花がたくさん咲いています。

マヌカメドウズ

マヌカメドウズ

そしてこれがコーヒーの花。

コーヒーの花

コーヒーの花

こんな風に実になります。

実が赤く熟したら、洗ったり、皮をむいたり、焙煎したりして、やっとコーヒーという飲み物になります。

その昔、初めてこの実を見つけ、飲み物にまで行きついた人は偉大です。

バナナ

園内の果物は、自由にもいで食べてもOK。

マウカメドウズ

↑これは料理用のバナナだそうです。

バナナの他にオレンジ、レモン、マンゴー、ライチ、ナッツなどありましたが、残念ながら、どれも食べ頃ではありませんでした。

マウカメドウズ

園内には鳥もたくさんいて、黄色いペアの小鳥が後になり先になり、ずっとついてきました。(水がめのふち)

なんと野生の七面鳥までいましたよ。

坂を下りきると、楽園を絵に描いたような景色が広がっていました。

マウカメドウズ

噴水付きのプールの傍ら、心地よい風が渡り、遠くには海が見える休憩スペースです。

マウカメドウズ

コナコーヒーの試飲ができ、豆や粉の購入もできます。

マウカメドウズ

プールの縁に腰かけて、くつろぐ小鳥たち。

人も生き物も、誰もかれもが平和で穏やかです。

もうずっとここにいたい…。

マウカメドウズ

「そろそろ行きましょうか」というFUJITANIさんの声が、ちょっとうらめしい…。

さて次はどこかな。

つづきます。

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。