ハワイ島旅行記② ヒルトン・ワイコロア・ビレッジにチェックイン お部屋紹介

ハワイ島に来ています。

今回の宿泊は、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジです。

ヒルトン・ワイコロアビレッジはとてつもなく大きなホテル

ヴィレッジの名が示す通り、ひとつの村を構成するがごとくの巨大なホテル。

総敷地面積25万平米…といっても、全くイメージできませんが、端から端まで歩くと25分かかるという規模です。

ホテルは、ロビー棟と3つの宿泊棟に別れていています。

ラグーンタワー、パレスタワー、オーシャンタワーの宿泊棟へは、なんとホテル内だけを走るトラムやボートで向かいます。

歩けないこともないのですが、大きな荷物を持った旅行者のための配慮でしょう。

ヒルトンワイコロアビレッジ

日本語デスクでチェックインできなかった

さて、チェックイン。

日本語専用デスクで予約票を見せると、ここではないと言われました。

私はAgodaというネット予約サイトを使ったのですが、確かに”Ocean Tower by Hilton Grand Vacations”と書いてあります。

ヒルトン・グランド・バケーションズって、なんだろう?…と、実は私も思っていました。

どうも通常のホテルとは少し違ったシステムで運用される、会員制のタイムシェア的な?

エクシブみたいなものでしょうか。

よく分からないけれど、直接オーシャンタワーに行けと言われました。

チェックインはオーシャンタワーで

オーシャンタワーは、一番端っこにある団子三兄弟みたいな形のタワーです。

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

のんびりした速度のトラム(モノレール)に乗りました。

ロビー棟からはものの5分もかかりません。

オーシャンタワーのロビーは、落ち着いた雰囲気でした。

どちらかというとイルカやカメやフラミンゴがいるラグーンタワーはファミリー向け、オーシャンタワーは大人向けの仕様なのかもしれません。

オーシャンタワー

改めてチェックイン。

…が、またまた問題発生!

私はAgodaを通じて1ベッドルームオーシャンビュースイートを予約していました。

予約したのは4カ月前、今だけ43%オフという破格なキャンペーン中でした。

ところがAgodaからホテルへは、普通のツインルームとして予約が入っていたのです。

ええええーーーー?

寝室とリビングが別になっている写真も、ちゃんと確認したのに!

受付の人、どうするんやろーーー?

…と見ていたら、彼女は1本電話をかけ、予約票のコピーを取り、予約通りの部屋を手配してくれました。

う、うれしか~~~。ありがとう、受付さん。

1ベッドルームオーシャンヴュースイート

ではお部屋をご案内しましょう。

オーシャンタワー

リビングルーム。

わあ、広い。我が家のリビングリームよりゆったりしています。

オーシャンタワー

リビングの一画にミニシンクとコーヒーセット。

コーヒーはレギュラーとデカフェ、あと紅茶と緑茶のティーバックがあるけれど、ちょっとしょぼい。

オーシャンタワー

ベッドルーム。

予約の条件でツインの部屋がなかったので、ベッドはキングサイズ1台でOKしました。

かなり大きなベッドだし、同行者は娘なので、問題ありません。

オーシャンタワー

バスルーム。洗面台は、メインとサブの2カ所。

全体的に水回りの設備は、年季が入っている感じですが、きれいに清掃されているので、気になりません。

オーシャンタワー

バスタブもあって、嬉し~~~~♡

オーシャンタワー

しかしアメニティはこれだけ。

歯ブラシすらないのは、豪華なホテルだけに、残念なレベルです。

ここで例のハワイアン航空でもらったアメニティセットが活躍することになりました。

ハワイ島旅行記①

歯ブラシがない!(T_T)…と私が焦っていたら、娘が差しだしたのがこれ!

ハワイアン航空の歯ブラシ

まるで靴磨きのブラシみたいだけれど、逆にお洒落よね?

助かりました~~~。

パレスタワーのアメニティはすごくいいと、どこかで読んだ記憶があるので、この辺は、もうちょっと頑張ってみてもいいかも…。

さて、荷物も置いたし、ちょっとこの巨大ホテルの中を探検してみましょう。

つづきます。

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。