パワースポットは、ご利益をもらうだけの場所じゃない!

パワースポットと呼ばれる場所は、日本にも世界にもたくさんある。

私たちはパワースポットと聞くだけで、なんだか嬉しくなって、イソイソと出かけていく。

だがパワースポットとは、なにゆえパワースポットなのか、その定義を考えたことはないのでは?

アカシックグリッドワークショップ

僧侶であり、アカシックリーダーであり、Buddha Programという学校の主宰者でもある齋藤つうり氏のワークショップが、石川県で開催された。

パワースポットの意味と活用方法について、詳しく教えてもらった。

アカシックレコードとは?

アカシックレコードとは、地球と人類の全てのデータが蓄積された宇宙の図書館のようなもの。

網目状に地球全体を覆っていて、望めば誰でも、そこにアクセスして情報を取ってくることができる(そうだ)。

ゲットした情報そのものに善悪はなく、良い・悪いのレッテルを貼るのは、あくまでも人間。

アカシックグリッド

パワースポットとは?

アカシックの網目(アカシックグリッド)が、天空を覆っているのに対して、龍脈は地中を流れる気のルート。

いわば地球の神経回路のようなものだ。

アカシックグリッドと龍脈が結びついた場所が、気の高い場所、いわゆるパワースポットとなる。

パワースポットとは、天と地、宇宙と地球をつなぐ場所。

太古の昔から、この特別な場所で、人々はインスピレーションを得てきた。

見る人が見れば、天と地をつなぐ光の柱が見えるそうだ。

アカシックグリッドと龍脈が結びついた場所には、遺跡が残っていることが多い。

エジプトのピラミッド、ペルーのマチュピチュ、イギリスのストーンヘンジ、イースター島のモアイなど、世界には3000以上の遺跡が現存する。

今でも多くの人を惹きつけて止まない、なにかしら不思議なパワーに満ちている。

一体誰が、なんの目的で、わざわざこの地を選んで、巨大な遺跡を築いたのか。

現代人が失ってしまった、なにかしら超越した感覚が働いていたとしか考えられない。

イースター島

日本にもパワースポットはたくさんある

神話の国・日本は、パワースポットに事欠かない。

主要なパワースポットを地図上で眺めると、一本の線上に配置されていることに気付く。

これをレイラインと呼ぶそうだ。

あ…そういえば、淡路島に、ここは日本の中心であり、レイライン上にある…という碑が立っていた。

そして人工物ではあるが、広島の原爆ドームもパワースポット。

なぜなら、ドームは多くの人の祈りが集まる場所だから。

戦争などで亡くなった方の霊も、ここから天に昇っていくことが多いのだとか。

祈り

同じ時間、同じ場所にたくさんの想いが集中すると、パワースポット化する。

だからたとえ自宅であっても、同じ祈りを発し続ければ、パワースポットとなりえる。

断捨離でも、家を調えることで場の氣を上げることを提唱しているし、自宅パワースポット説は信ぴょう性大いにありだ。

その際、4つの元素を調えるといいらしい。

それは、水と土と風と火。

この全部が揃っているのが仏壇だ。

水と土(花)と風(掃除)と火(ろうそく・線香)。

なるほど、仏壇とはそういう場所なのか…。もっとまじめにお参りしよう。

パワースポットの活用法

神社・仏閣も、パワースポットであるが、ただご利益をねだりに行くだけの場所ではない。

元々日本人は、神道や仏教という形がない頃から、土地の神様を崇めていた。

山の神、森の神、海の神…、たくさんの神様。

神様たちに名前をつけ、社を建て、そこにおわす…ことにしたのは、人間たちの都合だが、昔の日本人は現代の私たちよりも、神々を感じる力に長けていた。

神社・仏閣を配置した場所が、レイライン上にぴたりと一致していたり、本当に氣の高いスポットだったりする。

私たちはお参りする時、ただ漠然とお願い事を並べるのではなく、土地の神様に対応する何かを持っていくといいそうだ。

何かとは、「こうありたい」とか「こういうことを成し遂げたい」といった意図みたいなもの。

まず自らの意図を明確にして、協力してほしいと頼む。

その「何か」が神様の意にかなえば、大きな応援が得られる。

ただ神様にも得手不得手、興味がある分野・ない分野があるので、誰に頼むかは、吟味したほうがいいようだ。

神社・仏閣の大きさや歴史や知名度ではなく、自分とマッチする土地の神様を見つけること。

つまりはマイ神社ね。(^^ゞ

白山比咩神社

講義を受けて

たった4時間に、これでもか!…というくらいの情報量。

今まで、なんとなく元気になる場所…くらいに考えていたパワースポットが、実は天と地のエネルギーが結び付いた場所だと知った。

そこは本当に神聖で、パワフルな場所なのだ。

でも誰もが等しくパワーを感じるわけではなく、その場所に呼応する何かを持った人が、心が震えたり、インスピレーションを得るような経験をする。

私もマイ神社を見つけて、土地の神様と協力して何かしてみたい。

日本全国、世界中に散らばるパワースポット、あちこち尋ね歩いてみたいなぁ。

高千穂峡

とりあえず、今、行ってみたいのは、ここ。

小学生の頃、家族で一度訪れたけれど、父が竹のカップに入ったアユ酒を飲んだことしか覚えていない。

さて、どこでしょう?(^^ゞ

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。