マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ/古内一絵著 ”美味しい”は人の心を癒す

この作家さんの他の作品も読んでみたい…と思わせる本に出逢うと、とても嬉しくなってしまう。

古内一絵さんのマカン・マランは、まさしくそんな一冊だ。

マカン・マランとは、インドネシア語で夜食カフェの意。

商店街の外れの路地裏にひっそりとたたずむ古民家風のカフェ。

中庭にはシンボルツリーのはなみずき。

でも昼間の店先には、けばけばしい服や靴が並んでいる。

そう、日中、この店は、おかまさん御用達の服屋で、夜だけカフェになる。

カフェに集まってくるのは常連さん。

みなそれぞれに、一人掛けのソファに座り、お夜食を楽しむ。

夜食

カフェの主人は、身長180㎝、ピンクのおかっぱのかつらをかぶった、胸板隆々のシャール。

もちろんおかまだ。

この作品では、おねえだとか、LGBTだとか、ニューハーフだとかの代わりに、堂々と「おかま」を使っている。

それが全然嫌味でもなく、上から目線でもなく、ちょっとユーモラスでしっくりくる。

このシャールが作る料理の数々が、とても魅力的だ。

カフェに迷い込んでくるのは、たいてい人生に疲れ切った人たち。

シャールは、その人たちの顔つきや姿勢から体調を見抜き、内側から元気にしてくれる食事を供する。

たとえば貧血で倒れた塔子には、身体が冷えているから…と、春野菜のキャセロール。

春のキャベツには胃や十二指腸を調える成分が多く、スープのとろみ用のくず粉には、疲れた胃の血管を若返らせる効果がある。

ソバの実とひえを加えたのには、陰性の身体を中庸に導く意図がある。

また不規則な食事と働きすぎで、ニキビに悩むさくらには、もちあわと南瓜のスフレ。

あわと南瓜には、脂質と糖質の代謝をよくする働きがあり、身体にこもった熱が自然に発散される。

仕上げに、女性の髪と肌を美しくしてくれるシナモンを一振り。

食後には、シャールが煎じたお茶。

メタボな中年男には、プーアール、ミント、大麦ともちきびのブレンド。

暴飲暴食で陽性に傾いた身体を、中庸に戻す働きがあるらしい。

お茶

そんな隠れ家カフェを巡る4つのストーリー。

4人の主人公は、それぞれマカン・マランにやってきて、重すぎる荷物を下ろし、シャールの料理とお茶に癒される。

いつもカウンターに陣取って新聞を読んでいる中年男・柳田は中学校の教師。

学年主任を仕方なく引き受けている。

担当する1年生の璃久は、ある日を境に、母親の作った食事を一切食べなくなった。

口にするのは、ファーストフードかコンビニのおにぎりだけ。

その理由を璃久は頑として言わない。

母親は困惑し、若い担任教師は家庭の問題だと憤慨し、面倒はなるだけ避けたい柳田は、「まあ、しばらく様子を見ましょう」とスルーする。

だがひょんなことから、柳田は璃久をマカン・マランに連れていくことに。

「お母さんには絶対言うなよ。」と釘をさして。

璃久はシャールの料理にも手を付けないが、シャールは怒るでもなく、次の来訪の時、「ちょっと手伝ってよ」と璃久を誘い、一緒にカレーパンを作る。

「どおりゃあああああ!」と雄たけびをあげてパン種を叩きつける様子は、女性の格好をしていても、やはり男ならでは。

ある日、璃久は生物部の合宿で、カレーと豚汁を口にした。

カレーと豚汁だけOKなのは、どうしてなのか。

その理由が明らかになり、璃久とシャールは再びカレーパンを作ることになる。

そして事なかれ主義だった柳田も、教職についたばかりの頃の熱い気持ちを思い出す。

マカン・マラン

テーマはお料理ではなく、人の成長や気づきや旅立ち。

そしてベースにあるのは、相手を思いやる優しい気持ち。

春のキャセロール、金のお米パン、世界で一番女王なサラダ、大晦日のアドベントスープと、4つのお料理から広がるストーリー。

読み終わってしまうのが、どうしようもなく惜しい…と思っていたら、マカン・マランには続編があと2冊あるという!

嬉しい、早速本屋さんにGO!

マカン・マラン

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。