マウナケアのサンセットと降るような星空に出会えたハワイ島最後の夜

ハワイ島旅行記、つづきます。

マウナケアの山頂に着きました。

モコモコの防寒着を着ているのに、寒い!

空は雲に覆われているけれど、ちょっとだけすき間があります。

雲に光が反射して、快晴の時とはまた違う夕陽が見られますよ…とジョンさん。

天文台の足元で、寒さに震えながら、その一瞬を待ちました。

ワクワクワクワク。

せっかくここまで来たんだから、夕陽を拝まずには帰れません!

待つこと30分。

ついに出た~~~~~~!

マウナケアの夕陽

空気が薄いうえに澄んでいるので、光がダイレクトに届くよう…。

人も車も全てがオレンジ色に染まります。

マウナケアの夕焼け

素晴らしいサンセットの画像を何枚も見たけれど、この日、この時、この空気感の中で、寒さに震えながら、自分の目で見て、体で感じた夕陽は、なにものにも代えがたい…。

体験するって、こういうことなんですね。

出不精の私は、画像や動画で十分満足してしまう傾向があります。

全ての場所に自分で行くことは叶わなくても、行ける機会のある所はできるだけ行ってみよう、今からでも。

マウナケアサンセット
(ジョンさん撮影)

さて陽が沈んだら、観光客は30分以内に下山しなければなりません。

各国の天文台が観測を始めるので、車のライトが邪魔になるからです。

暗くなった断崖のでこぼこ道、ジョンさん、頼みますよ!

マウナケア(出典・太公望ハワイ)

オニヅカビジターセンターの辺りまで降りて、星空観察をします。

だけど雲が晴れてくれないと、星空は見えません。

本当なら一面の天の川も見られるのですが…。

長年の勘を生かして、ジョンさんが選んだスポット。

わずかな時間ですが、星空がのぞきました。

レーザーライトを使って、星座の説明をしてくれます。

星空観測(出典:太公望ハワイ)

ジョンさんの星の知識は、半端ない!

仕事のために勉強しました…と言ってましたが、すごいです。

でも実は私も天体のことは、けっこう詳しい(^^)v

惑星と星の違いや天の川の正体など、ジョンさんの質問、全問正解でした。

地球から約400光年、おうし座の牡牛の首のあたりのプレアデス星団が、肉眼でも見えました。

プレアデス星団

プレアデス星団はいくつもの星の集まりで、和名をスバルと言います。

自動車会社のスバル株式会社の前身は富士重工業。

1953年に5社が出資して設立した会社ですが、その2年後、出資した5社を吸収してひとつの会社になりました。

プレアデス星団の目立つ6つの星が、5+1の会社の成り立ちに似ているので、スバルはこのロゴマークを採用したのだそうです。

首が痛いな~~と思い始めた頃、空が曇って、星が隠れてしまいました。

場所を移動します。

ところが、ジョンさんのお勧めの場所に行っても、雲が厚くて何も見えません。

残念ながら星空観測はここまで…ということで、岐路につきました。

車に揺られて1時間…、街の近くまで来て、ふと窓から空を見上げると、あれ?星、見えてる?

路肩に原っぱがあったので、車を止めて、外に出ます。

いつの間に、こんなに晴れたの…ってほど、星が見えます。

薄っすらとですが、天の川も分かります。

ジョンさんの説明を聞きながら、みんなが同じ方角を見ていた時、すっと大きな流れ星が。

わあ~~~~っ!

大きな歓声が上がりました。

諦めていたのに、最後の最後にこんなプレゼント。

ありがとう!(誰か知らんけど。ハワイ島の神様?)

ハワイ島星空
(シャッタースピード10秒で撮った写真。まさかここまで星が写るとは!)

一同大満足のうえに、お夜食までいただきました。

人気のイタリアンレストラン、プエオズ・オステリアのズッキーニパスタ。

ズッキーニパスタ

太公望ハワイさんのツアーは、オニヅカビジターセンターでお弁当を出しません。

満腹になってから悪路を揺られるのは、車酔いの原因にもなるので、センターで食べるのはバナナマフィンだけです。

その代わりにパスタのお土産がつきます。

ジョンさんのエスコートもガイドも花丸ですし、ハワイ島の現地ツアー会社・太公望ハワイさん、お勧めです。

 

 

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。