ありがとうで処分・ラグとWii

お盆の休みは3日間。

初日は法事と墓参り。

残り2日はなんの予定もありません。

暑いし、疲れも溜まっていたし、家にこもって、ゆっくり過ごしました。

リビング

でも、まあ…、少しはお片づけなども。

断捨離しました。

分かりますか?

リビング

大物なので、分かりますよね。

ラグを手放しました。

2013年の年末に買ったラグなので、すでに7年経過。

当時はワンコもいたし、物持ちよいほうよね。

ラグを巡るワンコとの駆け引きも、今となっては懐かしいです。

犬と人の攻防 (かわいいよ💕)

キュートな小悪魔

う~~ん、フローリングがむき出しになると、ブラーバが欲しくなっちゃうな。

 

そして、もうひとつ、無くなっているものがあります。

間違い探しみたいに、2枚の画像を見比べてみてね。

 

 

そう、Wiiです。

Wii

これもかなり古いモノ。

Wii-Uではなくて、初代Wiiですから(^^ゞ

すでにソフトも流通していません。

 

かつて私たち夫婦は、今のユルユル状態からは考えられないほど、厳しい親でした。

漫画もゲームも禁止。

信じられる?

私自身も子どもの頃、漫画やドリフを禁止され、学校でみんなの会話に入れず、悔しい想いをしたというのに、そんなことはきれいさっぱり忘れて、厳しい子育てをしていました。

ところが長男は、そんな四角四面な親に、全身全霊で反抗します。

激烈な反抗期に翻弄され、自分たちの子育てはなにか間違っているのでは…と、目が覚めた私たち。

押さえつけるだけでは、ダメ。

禁止するだけでは、ダメ。

価値観を押しつけるだけでは、ダメ。

…と遅まきながら悟ります。

そして、初めて購入したゲーム機が、Wiiでした。

ところが当の長男が欲しかったのは、違うゲーム機。

結局、あまり活用はされず、私がWiiFitで運動するはめに。

それもここ7年ほどは、ずっとご無沙汰です。

長女はかなりのゲーマーですが、彼女の愛機はスイッチなので、年代物のWiiは無用の長物。

ですが、購入した時の藁をもすがるような想いが張り付いていたのか、ずっとテレビの横におわしました。

でも、もういいよね。

長いこと、ありがとう。さようなら。

断捨離(箱まで残っていた…。笑っちゃうね。)

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。