帰ってきたシャンテ・ロゼ・ミサト

ネットで素敵な画像を見つけた。

土がなくてもバラを楽しむ・・・みたいな特集だった。

(地植えにしなくてもという意味)

洋風の玄関を、鉢植えのバラで美しく飾っていた。

トレリスやオベリスクにつるバラやクレマチスを這わせ、足元にはブッシュ型のバラやグリーン。

プロが創った、旬の時期のバラの玄関。

そりゃ、美しくないはずがない。

でも、魅了されちゃったんだよね~~~。

今、忙しくてバラどころではない!・・・とは分かっているけれど、我慢できなくなっちゃった。

もうこれは病気だから、仕方ないか。😅

 

あんな風に玄関周りをバラいっぱいにしたい!

・・・いっぱいは無理でも、なにか素敵な、ハートがきゅんとくるような設えをしたい。

殺伐とした今日この頃だけに、なにかきれいで優しいものを心が求めていたのだろう。

そう思い始めたら、寝ても覚めても、バラのことが頭を巡る。

どんな品種がいいだろうか?

もちろん四季咲きだよね。

病害虫に強く、耐寒性もあるといいな。

あんまり手間のかからない優良児希望。

鉢は?トレリスは?混植か、単植か?

 

だが時すでに6月半ば。

バラ苗を購入するには、出遅れもいいところ。

ホームセンターも、ネットも完売の文字が躍る。

だけど一件だけ、今年の大苗を販売中のネットショップを見つけた。

お目当てのバラは、シャンテ・ロゼ・ミサト。

歌手の渡辺美里さんに捧げられたバラだという。

ロイヤルファミリーでもないのに、自分の名を冠するバラがあるって、どんな気分だろう。(いいなぁ)

シャンテ・ロゼ・ミサトは、可愛いピンクのカップ咲き。

香りも良く、強健。

つるバラではないが、真っ直ぐよく伸びるので、トレリスやフェンスに向いている。

実は何年か前、我が家にいたんだよね、シャンテ・ロゼ・ミサト。

でも枯らしちゃった。😢

(強健種を枯らすアタシって・・・)

シャンテロゼミサト
(在りし日のシャンテ・ロゼ・ミサト)

 

はるばる遠くからやってきたミサト。

シャンテ・ロゼ・ミサト

細長い箱。やせっぽちの苗なのかな?

シャンテ・ロゼ・ミサト

おお、ふさふさだ。

シャンテ・ロゼ・ミサト

うん、悪くない。元気そうな苗だ。

つぼみがついているけれど、一番花はとっくに終わっている時期。

二番花?それとも超遅咲き?

シャンテ・ロゼ・ミサト

早速、植え替えて、トレリスにセット。

イメージ通りのトレリスも、やっと見つけた。

市内の園芸店は、ほぼ全部周ったかな。(なにやってんだ、忙しいと言いながら)

でも最終的に、妥協せずにお気に入りをゲットできて、嬉しかーーーー!

トレリスを覆い尽くすくらい、もりもり育つといいな。

 

悦に入りながら、どれ記念撮影でも・・・と、写真を撮ったら。

シャンテ・ロゼ・ミサト

光のシャワー。

うわお!これはさぞかし立派な花が咲くだろう。

シャンテ・ロゼ・ミサト

10日後、小さなつぼみが色づいてきた。

そして!

シャンテ・ロゼ・ミサト

時期的に次の花は秋かな・・・と思っていたから、思いがけずご尊顔を拝することができ、すごく得した気分。

さ、花が咲き終わったら、もっと背丈が伸びるように、お世話をせねば。💕

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。