お片づけチャレンジ20日目・壁

蒸し暑いなぁ・・・。

床が湿気でべたっとしていて、気持ちが悪い。

なんとなくだるいとか、なんとなくすっきりしないとか、不調を訴える人が増えているように思う。

今日、話した人も、モヤモヤが晴れないと言っていた。

私も、モヤモヤしていることがある。

厚い雨雲に覆われた空と連動するように、みんななにかしらモヤモヤしているのかしら。

 

さて、お片づけチャレンジの次の課題は壁。

壁そのものを撤去するというのではなく、壁にかかっているモノや貼り付けているモノがターゲット。

子どもが小さい頃は、あいうえお表や九九の表やことわざの日めくりや百人一首のカードなんかが、あちこちに貼ってあった。

でも今は、ほとんど何もない。

カレンダーが1階と2階にひとつずつ、あとは玄関の花の絵画くらいかな。

この絵画は、新築のお祝いにいただいた。

かれこれ25年間、我が家の玄関を見下ろしていたことになる。

う~~~~ん、これといって不満はないけれど、そろそろ変えてみるのもいいかもしれない。

花の絵

 

絵画といえば、ずっと押し入れに仕舞ったままの絵がある。

長崎のグラバー邸。

私の母方の祖父が描いたものだ。

祖父は早稲田大学の理事を務めていたが、定年後は、スケッチしながら全国を旅して周りたいと思っていた。

来たるべき旅に備え、絵描きのトレードマーク、ベレー帽まで用意して。

63歳で退職し、さあ、これから思う存分描くぞ~~と意気込んでいたのに、64歳で他界。

唯一、完成させたのが、このグラバー邸の絵だった。

いわば遺作。

私がこの絵を初めて見たのは、中学生の頃だった。

絵のことはよく分からないけれど、好きだな・・・と思った。

祖父が描いたグラバー邸、いつか行ってみようと、幼心に誓った。

あれから何十年も経ったけれど、その誓いは未消化のまま。

グラバー邸

映画『天外者』を観た時、グラバー邸が出てきて、行きたい気持ちが再燃した。

実は今年の6月にその機会が訪れそうになったが、コロナ自粛の影響でキャンセル。

ああ、口惜しや・・・。いつになったら実現するのかしら。

・・・って、行きゃあいいんだよね。

計画立てて、休みを取って、移動手段と宿泊の手配をして。

 

花の絵を下ろして、グラバー邸の絵を飾ってみた。

絵を目にする度に、そこにいる私をイメージングするから、実現が早まるんじゃないかな。

グラバー邸の絵

・・・というわけで、壁から断捨離するアイテムはなかったけれど、壁のおかげでグラバー邸に行く決心が固まった。(風が吹けば桶屋が儲かる・・・的な)😅

チャレンジ20日目・壁

給水ポイント2

20日間頑張ったので、給水ポイントでひと休み。

マラソンしているより、休んでいる方が多いアタクシに、さらに休めと?

そしてその次は、めっちゃハードル高い『本』だって。

チャレンジ21日目・本①

三浦春馬主演・天外者のレポート

 

この記事を書いた人

Chikako

Chikako

金沢市在住。バラとコーヒーとコーギーが好き。
詳しいプロフィールはこちら。